シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

あと13分演説を続けていればヒトラーは殺されていた…ドイツが封印した衝撃の実話10月公開

あと13分演説を続けていればヒトラーは殺されていた…ドイツが封印した衝撃の実話10月公開
映画『ヒトラー暗殺、13分の誤算』ポスタービジュアル - (c)2015 LUCKY BIRD PICTURES GMBH,DELPHIMEDIEN GMBH,PHILIPP FILMPRODUCTION GMBH & CO.KG (c)Bernd Schuller

 平凡な家具職人によるヒトラー暗殺未遂という衝撃的な実話を基にした映画『13 Minutes(英題)』の邦題が『ヒトラー暗殺、13分の誤算』に決まり、10月より日本公開されることがわかった。

 1939年11月8日、ヒトラーがミュンヘンのビアホールで行っていた恒例の記念演説をいつもより早く切り上げた13分後、ホールに仕掛けられていた時限爆弾が爆発。ヒトラーの予定を徹底的に調べあげたこの緻密な計画に、ゲシュタポ(秘密警察)はイギリスの諜報員の仕業だとにらむが、世界を変え得えたこの犯行に及んだのは田舎に住む36歳の家具職人ゲオルク・エルザーだった。にわかには信じられないようなエルザーの供述を知ったヒトラーは、決行日までの彼の人生を徹底的に調べるよう命じる……。

 メガホンを取ったのは、ライフワークとしてナチスを描くと明言している『ヒトラー ~最期の12日間~』のオリヴァー・ヒルシュビーゲル監督。ヒトラーは自分の死の直前までエルザーを生かし続け、ドイツは長らく彼の存在を封印してきた。その裏側に一体何が隠されていたのか。戦後70年となる今年、解き明かされる歴史の知られざる一面、そして一人の普通の男の生きざまに心が震える。(編集部・市川遥)

映画『ヒトラー暗殺、13分の誤算』は10月よりTOHOシネマズシャンテほか全国順次公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 7月
  4. 13日
  5. あと13分演説を続けていればヒトラーは殺されていた…ドイツが封印した衝撃の実話10月公開