シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
名画プレイバック

第16回:『赤ちゃん教育』(1938年)【名画プレイバック】(1/2)

第16回:『赤ちゃん教育』(1938年)
『赤ちゃん教育』ポスター・イメージ - (C)RKO Radio Pictures / Photofest / ゲッティイメージズ

 犯罪サスペンス、西部劇、アクション、SF、と幅広いジャンルで名作を生み出したハワード・ホークス。コメディーでは『ヒズ・ガール・フライデー』(1940)という快作があるが、今回はそれと並ぶ傑作にして、名女優キャサリン・ヘプバーンからコメディエンヌの才能を引き出した『赤ちゃん教育』(1938)を紹介したい。(冨永由紀)

 ケイリー・グラントとヘプバーンが演じるのは、インテリ男性が怖いもの知らずのお嬢様に振り回されるというスクリューボール・コメディーの典型。古生物学者で、完成まであと一歩の恐竜の骨格標本と格闘中のデヴィッド・ハクスリー(グラント)は結婚式を翌日に控えている。そんな彼をサポートする花嫁アリスはしっかり者。そこに闖入(ちんにゅう)するのが、お金持ちのお嬢様のスーザン(ヘプバーン)だ。

 出会いからして凄まじい。勤務先の博物館運営資金のスポンサーが必要なデヴィッドは、富豪のランダム夫人の代理人と接待ゴルフに出かけるが、隣りでプレイしていたのがスーザン。彼女はまずデヴィッドのゴルフボールを、次に彼の車を自分のものと取り違える。スーザンによってボールは打たれ、車は彼女のめちゃくちゃな運転でボコボコに。デヴィッドは必死に誤解を解こうと説明するのだが、スーザンはまるで聞く耳を持たない。その夜の会食でも鉢合わせし、またトラブルが発生、やがて彼女がランダム夫人の姪であることも判明する。翌日、デヴィッドのもとに骨格標本の最後の1ピースとなる恐竜の骨が届き、スーザンのもとにはタイトル・ロールである“赤ちゃん”こと豹の“ベイビー”がブラジルから到着し……と矢継ぎ早に事は進み、舞台はニューヨークからコネティカット州のランダム夫人の別荘へ移り、ランダム夫人のペット犬が絡む骨紛失、豹の逃亡など、さらに騒動は広がっていく。

 ハプニングから次のハプニングへと、小気味よく展開するテンポは絶妙。でたらめなようで実に緻密なストーリーはシェイクスピアの喜劇の味わいもあり、全員どこかおかしいキャラクターたちの面白さは、ここで下手に説明するよりも、ぜひ作品を実際に見て確かめてもらいたい。

 コメディー初挑戦だったヘプバーンは、初めのうちは面白く演じようと意識し過ぎていたという。保安官役で出演していたヴォードビリアン(※軽演劇俳優)のウォルター・キャトレットの助言から、面白くしようという考えを捨てることが肝要だと学んだそうだが、ひとたびコツをつかめば、さすがなもの。とんでもなくけたたましくて自己チューなスーザンになりきった。このヒロインが堪え難いという感想はあちこちで見受けるが、それこそ演技派女優の面目躍如だろう。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 7月
  4. 17日
  5. 第16回:『赤ちゃん教育』(1938年)