シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

映画『ライチ☆光クラブ』野村周平、古川雄輝らイケメン俳優が少年たちの愛憎劇に挑戦!

映画『ライチ☆光クラブ』野村周平、古川雄輝らイケメン俳優が少年たちの愛憎劇に挑戦!
野村周平らイケメン俳優陣が集結! - (C) 2015『ライチ☆光クラブ』製作委員会

 独創的な世界観が人気の漫画家・古屋兎丸のロングセラーコミックを映画化する『ライチ☆光クラブ』が今冬に公開されることが明らかになった。キャストには、野村周平、古川雄輝、間宮祥太朗ら注目の若手イケメン俳優が集結し、大人になることを拒んだ9人の美しい14歳の少年たちが織り成す愛憎と裏切りの物語をダークな世界観で表現する。

 2012年、2013年に舞台化もされた際には全公演が即完売、今年12月にも中村倫也主演で舞台公演が決定している「ライチ☆光クラブ」。コミック発売から10周年の今年、満を持しての映画化となった本作は、黒い煙と油に塗れた蛍光町と廃工場の秘密基地・光クラブを舞台に、醜い大人に抗うため手に入れた「最強の力」と「永遠の美」によって、光クラブの少年たちの世界が狂い始めるさまを描く青春残酷劇だ。

 センセーショナルな作品とあってオーディション開始時から注目を浴びていたキャストだが、主演は月9ドラマ「恋仲」に出演中の野村周平に決定。古川雄輝、間宮祥太朗に加え、池田純矢、松田凌、戸塚純貴、柾木玲弥、藤原季節、岡山天音という次世代を担う20代前半の若手俳優陣が脇を固める。メガホンを取ったのは『先生を流産させる会』で脚光を浴びた新鋭・内藤瑛亮監督。併せて公開された超特報映像では、実在の廃工場で撮影するこだわりぶりで原作を忠実に再現した世界観の一端を感じることができる。

 「若手キャストやスタッフの全員の仲がよかったので、それがいい形で映画に現れていると思います」と撮影を振り返った野村は、「普段の生活をしていたら絶対に交わることがない世界が描かれているので、今まで体験したことがない経験が必ずできると思います」と自信をにじませる。

 一方、内藤監督は古屋からクリエイター視点で意見をもらったことを明かすと、「映画化にあたって、この作品がもつフィクション性の高い世界観を成立させることが一番の難問でした」と苦労を述懐。続けて、「スタッフの皆さんからの知恵を借り『螢光町』という世界を構築できたと思っています。同士愛のシーンでは、昔読んだ『風と木の詩』を思い出しながら、歪んだ内面を抱えた者同士の哀しい繋がりであることを意識しました」と本作への熱い思いを吐露した。

 そんな熱い思いで作られた本作に、原作の古屋は「何度も脚本を書き直し、『ライチ☆光クラブ』と『ぼくらのひかりクラブ』を合わせた本を作ってくださったので、原作ファンの方々を裏切らない内容になっていると思います」と太鼓判。俳優陣についても「富士の真冬の廃工場で連日連夜、熱い演技をしてくれた彼らの鬼気迫る姿はまさに光クラブでした。今まで見たことのない彼らの意外な面が見られると思います」と絶賛し、期待をあおった。(編集部・吉田唯)

映画『ライチ☆光クラブ』は今冬、新宿バルト9ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 7月
  4. 30日
  5. 映画『ライチ☆光クラブ』野村周平、古川雄輝らイケメン俳優が少年たちの愛憎劇に挑戦!