シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

嵐・二宮和也が夏目漱石の名作「坊っちゃん」に挑戦!

 嵐の二宮和也が、2016年新春に放送される夏目漱石原作のスペシャルドラマ「坊っちゃん」で、主人公・坊っちゃんを演じることが決定した。2016年は漱石の没後100周年となる。

 「親譲りの無鉄砲で子供のころから損ばかりしている」という一文で始まる「坊っちゃん」は、漱石の教師時代の実体験をベースに書かれた小説。舞台は明治時代。住み込みの女中・清(きよ)から「坊っちゃん」と呼ばれる主人公・坊っちゃんが、四国・松山の旧制中学校に数学の教師として赴任することになる。短気で暴れん坊だが実直で正義感の強い型破りな坊っちゃんと、生徒や同僚の教師、松山の人々の交流を描いた笑いあり涙ありの痛快なストーリーで、発表されてから100年以上たった今もなお、多くの人に親しまれる漱石の代表作の一つ。これまで度々映画やテレビドラマなどで映像化されており、宍戸錠、坂本九、池部良、津川雅彦ら名だたる顔ぶれが坊っちゃんを演じてきた。

 日本の文学史に名を刻んできた大役に抜てきされた二宮は、「楽しみです。ド派手なエンターテインメント作品ではないかもしれませんが、小説みたいにページをめくる音が聞こえるようなドラマになれば……頑張ります」とコメント。プロデューサーの長部聡介は、「今、坊っちゃんが持つヤンチャで自由で破天荒だけれど憎めないというキャラクターを演じられるのは“永遠の少年”、二宮さん以外にはありえません」と二宮が適役であることをアピールしている。(編集部・石井百合子)

新春スペシャルドラマ「坊っちゃん」は2016年新春、フジテレビ系で放送


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 8月
  4. 4日
  5. 嵐・二宮和也が夏目漱石の名作「坊っちゃん」に挑戦!