シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

実写版『進撃の巨人』が『ミニオンズ』『HERO』抑えナンバーワン!【映画週末興行成績】

実写版『進撃の巨人』が『ミニオンズ』『HERO』抑えナンバーワン!
実写版『進撃の巨人』がナンバーワンスタート! 夏の強敵相手にどこまで成績を伸ばす? - (C) 2015 映画「進撃の巨人」製作委員会 (C) 諫山創/講談社

 1日の映画サービスデーに重なった土日2日間(8月1~2日)の全国映画動員ランキングが3日、興行通信社から発表され、諫山創の大ヒットコミックを三浦春馬主演で実写映画化した2部作の前編『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』が初登場1位を獲得した。

 427スクリーンで公開され、動員46万6,953人、興行収入6億346万6,200円を記録した同作。客層の男女比は62対38。年齢別では10代後半、20代が多く、鑑賞動機(複数回答可)としては「原作コミックが好き」が53.3%、「アニメ版が好き」が40.1%、「実写化された巨人に興味があった」が27.3%と続いた。

 「怪盗グルー」シリーズに登場する人気キャラクターが主人公のスピンオフ映画『ミニオンズ』は2位に初登場。619スクリーンで公開され、動員44万9,055人、興収5億4,598万9,900円の大ヒットスタート。2010年の『怪盗グルーの月泥棒 3D』(初日2日間動員15万6,052人、興収2億3,580万円/全国225スクリーン)、2013年の『怪盗グルーのミニオン危機一発』(初日2日間動員25万7,990人、興収3億3,651万6,100円/全国626スクリーン)と比べて成績も右肩上がりだ。

 先週トップの『HERO』は3位に後退したものの、動員26万179人、興収3億1,601万300円を記録し、累計動員は210万人、累計興収は26億9,000万円を突破。その他、4位の『バケモノの子』が動員23万6,689人、興収2億8,450万1,100円を記録。5位の『インサイド・ヘッド』も動員22万5,100円、興収2億5,955万4,800円を記録するなど、いずれの週末成績も20万人以上の動員、2億円以上の興収をキープしており、夏休み興行が活況を呈している。

 公開8週目の『ラブライブ!The School Idol Movie』は累計動員155万6,176人、累計興収22億1,155万2,340円となり、深夜アニメ劇場版の中で最高成績となる『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』(20億8,000万円)の記録を抜いた。

 今週末は『ジュラシック・ワールド』『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』『日本のいちばん長い日』『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』など強力作が続々と公開予定となっている。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)

【2015年8月1日~2日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位
1(初)『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』:1週目
2(初)『ミニオンズ』:1週目
3(1)『HERO』:3週目
4(2)『バケモノの子』:4週目
5(3)『インサイド・ヘッド』:3週目
6(4)『ポケモン・ザ・ムービー XY/光輪(リング)の超魔神 フーパ』:3週目
7(5)『ターミネーター:新起動/ジェニシス』:4週目
8(7)『ラブライブ!The School Idol Movie』:8週目
9(6)『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』:5週目
10(8)『それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ』:5週目


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 8月
  4. 4日
  5. 実写版『進撃の巨人』が『ミニオンズ』『HERO』抑えナンバーワン!