シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

東出昌大、一度限りの復帰・根津甚八への思い「たすきをつなげていく」

東出昌大、一度限りの復帰・根津甚八への思い「たすきをつなげていく」
先輩・根津甚八への思いを語った東出昌大

 俳優の東出昌大、石井隆監督が7日、有楽町の東京国際フォーラムで行われた映画『GONIN サーガ』完成報告会見に出席。本作でおよそ5年ぶり、一度限りの俳優復帰を果たした根津甚八へ向けた熱い思いを語った。この日はほかに桐谷健太、土屋アンナ、安藤政信、竹中直人も来場した。

 本作は、1995年に公開された伝説のバイオレンス映画『GONIN』のシリーズ第3弾。ある5人組が起こした現金強奪事件の19年後を舞台に、事件と深い因縁を持つ者たちが新たな戦いを繰り広げる。主演を務める東出は「大好きな映画だったので、ものすごいプレッシャーでしたが、根津さんがうちの事務所の先輩で。プレッシャーではなく、たすきをつなげていこうと。新しい者たちで石井監督の『GONIN』を引き継いでいければと思います」と決意を明かす。

 根津との共演は、若手俳優たちにとって感動の瞬間だったようだ。登壇者たちは、口々に根津への尊敬の念を表明。撮影現場では石井監督が「根津さん、芝居して! 目を撮っているよ!」と根津を激励する場面もあったという。東出は「二人の気迫と思いがすごくて。こみ上げるものがありました。その日は僕と桐谷さんと柄本佑さんで、根津さんが帰る車を見送ったんですが、送った後も何もしゃべれなかったです」と述懐。その瞬間を桐谷は「自分はなんて良い世界にいるんだろうと。役者の世界に入れて、ホンマに良かったなと思ったし、とにかく感動した」と感激の表情で振り返った。

 そんな若手たちの言葉を聞いていた石井監督は「根津さんが病魔(右眼下直筋肥大)に襲われた原因は僕かもしれない」と吐露。「何度もテストしたり、走ってもらったり。『石井組はしんどいな』といつも言っていたが、根津さんはマジメな方なんで、たまったものが病気につながったのかもしれないと思ったら苦しかった」と言い、「僕は根津さんの私生活を知らなかったが、現場を通して頑張ってきた友達です。だから現場で培った言葉で誘ったわけですが、病気の根津さんではなく、根津甚八を撮りたかったから『もっと目を!』と言ってしまって。目が悪いのに……」とコメント。「業が深いですね……」とポツリと付け加えた。(取材・文:壬生智裕)

映画『GONIN サーガ』は9月26日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 8月
  4. 7日
  5. 東出昌大、一度限りの復帰・根津甚八への思い「たすきをつなげていく」