シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

二人一役の女優がカフェで一緒に役づくり!ニコラス・スパークス作『かけがえのない人』

二人一役の女優がカフェで一緒に役づくり!ニコラス・スパークス作『かけがえのない人』
ジェームズ・マースデン、ミシェル・モナハン、リアナ・リベラト

 映画『きみに読む物語』などで知られる小説家、ニコラス・スパークスの原作を映画化した新作『かけがえのない人』について、ジェームズ・マースデン、ミシェル・モナハン、リアナ・リベラトが語った。

 本作は、不幸な事件により別れた高校時代の恋人ドーソンとアマンダが、20年後に共通の知人の死によって再会し、お互い強く惹(ひ)かれ合うが、二人には多くの困難が待ち受けていたというストーリー。若きドーソンとアマンダをルーク・ブレイシーとリアナ・リベラト、20年後の二人をジェームズ・マースデンとミシェル・モナハンが演じ、『ソープディッシュ』のマイケル・ホフマンが監督を務めた。

 20年後にアマンダと再会するドーソンについて、ジェームズは「彼は過去に後悔を抱えていながら、アマンダとの再会でも注意を払って接しようとする」と語り、一方アマンダ役のミシェルは「この役を演じる上で何が大事だったかというと、表向きは彼女はハッピーな生活を送っているけれど、実際は違っていて、何かが足りないこともわかっている。それはドーソンなの。ドーソンが突然現れて、彼女は、現在の生活がハッピーかという疑問を突き付けられる。だから、わたしはドーソンというキャラを通してアマンダが、どう変化していくかに気を付けながら演じた」と答えた。

 若いアマンダを演じたリアナは、ミシェルとの役づくりについて「わたしとルークは、ミシェルとジェームズたちが参加するまでに、ほとんどの撮影を済ませていたため、ミシェルたちはデイリー(編集前の映像)を見てから役柄を演じていた。もっとも、撮影前にミシェルとはあるカフェで会って、原作のアマンダのどのような動きや作法を、演技に含めていくか話し合ったの。さらにセットで急にわたしが即興で何かしても、後でミシェルにテキストで知らせていた」と明かした。

 愛が再燃することについてミシェルは「20~30代前半は人生の中での自己発見の時期だけれど、30代後半から40代に入ると、人生を振り返ったりしながら自己反省もし始め、通ってきた道が正しい道だったか、今の自分がハッピーなのか問い正すことで、その後の展望を見据えていく。わたし自身30代後半で、二人の愛が再燃することに共感が持てるし、同じ年代の女性にも理解してもらえると思うわ」と語った。

 映画は、積極的な青春時代とちゅうちょする中年の現実的な愛が対照的で興味深い。(取材・文・細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

映画『かけがえのない人』は8月22日より YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 8月
  4. 10日
  5. 二人一役の女優がカフェで一緒に役づくり!ニコラス・スパークス作『かけがえのない人』