シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
名画プレイバック

第19回:『禁じられた遊び』(1952年)【名画プレイバック】(1/2)

第19回:『禁じられた遊び』(1952年)
『禁じられた遊び』ブルーレイ 価格:4,800円+税 発売元:IMAGICA TV 販売元:KADOKAWA

 『禁じられた遊び』は、『太陽がいっぱい』などで知られるフランスのルネ・クレマン監督による86分の白黒映画。戦闘シーンをほとんど描くことなく、反戦の訴えを詩的につづった不朽の名作だ。(今祥枝)

 1940年6月、ナチス・ドイツのフランス侵攻による爆撃が激化。パリから郊外へ避難する市民の行列に、ナチスの戦闘機が容赦なく空襲をかける。恐怖で人々が混乱状態に陥る中、逃げ出した愛犬ジョッグを追いかける少女ポーレット(ブリジット・フォッセー)を両親が追いかける。観客が身構える間もなく、両親は橋の上で娘に覆いかぶさると同時に機銃掃射で命を落とす。生き残った少女は同時に死んだ愛犬を抱き、さまよいながら小川のほとりで泣いているところを、郊外に住む少年ミシェル(ジョルジュ・プージュリー)と出会い、貧しくも気のいいミシェルの一家のもとでひとまず暮らすことになる。

 冒頭、両親の背中を撃ち抜く乾いた銃弾の音が、奇妙に軽く感じられるのは気のせいではないはず。あまりもあっけなく、人はただの肉塊となってしまう。その現実はポーレットと同じく観客をも茫然とさせる。インパクトのある始まりだ。だが、映画の大部分は都会っ子のかわいらしく無邪気なポーレットと、彼女が信頼して懐いたミシェルが心を通わせ、大人たちに内緒である遊びに熱中していく様子が描かれる。

 死んだ愛犬を手放したがらないポーレットに、ミシェルは「死んだものにはお墓を作るんだよ」と教える。ポーレットはジョッグを人気の少ない水車小屋に埋葬して祈りを捧げるが、ひとりぼっちでかわいそうだからもっとたくさんのお墓を作ってあげたいとミシェルにせがむ。ミシェルはさまざまな動物の死体を集めてきて、2人は次々と墓を増やしていく。さらに遊びはエスカレート。十字架を盗んできて、より本物の墓らしくすることに熱中していく。やがてポーレットにねだられたミシェルは、教会の墓地から十字架を盗み出す。

 原題『Jeux Interdits』を直訳した『禁じられた遊び』とは、その行為だけを考えれば、まさに死者を冒涜するものだろう。だが、ポーレットは幼くして「死」に直面し、自分なりに一生懸命「死」の意味を理解しようとしている。その過程で、死んだもののために墓を作って祈りを捧げるという行為(遊び)が、“良い行い”だと思い込んだのかもしれない。あるいは、そうした遊びに夢中になることは、単純に楽しかったのかもしれない。だとしても、2人を責める気持ちにはなれないだろう。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 8月
  4. 14日
  5. 第19回:『禁じられた遊び』(1952年)