シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

三浦友和主演!無差別殺人事件を起こす息子に狂わされれていく『葛城事件』2016年公開

三浦友和主演!無差別殺人事件を起こす息子に狂わされれていく『葛城事件』2016年公開
『葛城事件』より家族写真(左から、南果歩、三浦友和、新井浩文、若葉竜也) - (C)2016「葛城事件」製作委員会

 映画『その夜の侍』で2012年度新藤兼人賞金賞を受賞した劇作・演出家の赤堀雅秋による待望の監督第二作『葛城事件』で、俳優の三浦友和が主演を務めることが明らかになった。本作は2016年に全国公開される予定だ。

 劇団「THE SHAMPOO HAT」を旗揚げ、人間の本質に根ざす無様さや滑稽さ、残酷さや狂気を登場人物の生き様を通してあぶり出してきた赤堀監督。その独特な世界観は「赤堀ワールド」と呼ばれ、熱狂的なファンを多く持つ。

 そんな赤堀監督にとって、映画監督2作目となる本作は、2013年に同劇団が新井浩文などの客演で話題を呼んだ同名舞台に改稿を加え、映画化する作品。美しい妻を得て、子宝にも恵まれ、がむしゃらに働いてマイホームを持ち、理想の家族を作れたと思っていた主人公・葛城清だが、21歳になった次男・稔が8人を殺傷する無差別殺人事件を起こし、死刑囚となったことで、人生の歯車が狂わされていく様子を描き出す。

 主人公の葛城清役には、青春スターを経て、幅広い役柄をこなしてきた三浦が大抜てき。「撮影期間も短く、時間のない中で演じていくには相当キツイ仕事になるのではないかと少し躊躇(ちゅうちょ)はしてしまいましたが、これをやらないと後悔することになるし、この役を他の人が務めるということを想像したくなかったので、やらせていただきました」と三浦は役を引き受けたときの様子を振り返った。そのほか、徐々に精神を病んでいく母親・伸子役に南果歩、兄の保役には舞台版「葛城事件」では稔役を演じた新井浩文、稔役にはオーディションで選ばれた若葉竜也など実力派が集結している。

 赤堀監督は、「この物語は対岸の火事ではなく、我々の地続きにある、ある家族の話」と切り出し、「観客の心を強く揺さぶる作品になるという自負があります。きわめておこがましい言い草ですが、これは三浦友和さんの代表作になると、僕自身は勝手にそう思っています。強くそう思っています」と自信をのぞかせた。(編集部・石神恵美子)

映画『葛城事件』は2016年全国公開予定


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 10月
  4. 12日
  5. 三浦友和主演!無差別殺人事件を起こす息子に狂わされれていく『葛城事件』2016年公開