シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ハリソン・フォード、ホットドッグ姿で墜落事故後の障害を明かす

ハリソン・フォード、ホットドッグ姿で墜落事故後の障害を明かす
格好と語ってる内容のギャップ! - (画像は「ジミー・キンメル・ライブ」のInstagramのスクリーンショット)

 29日(現地時間)、米ABCのトーク番組「ジミー・キンメル・ライブ」にホットドッグの仮装をして出演したハリソン・フォード(73)が、今年3月に起こした飛行機事故について初めて語り、事故によって逆行性健忘という障害を持っていることを明かした。

 今年3月、『スター・ウォーズ』のハン・ソロや『インディ・ジョーンズ』のインディなどで知られるハリウッドスター、ハリソンの操縦する小型飛行機が墜落したというニュースが世界中を駆け巡った。事故の様子を同番組の司会者、ジミー・キンメルから聞かれたハリソンは次のように答えた。

 「全部じゃないけど覚えているよ。特にエンジンが停まったときのことはよく覚えている。管制塔から普通のルートで着陸するように言われたのも覚えている。でもそれはできないと思ったから『できない』と答えた。実はそれから5日後まで記憶がない」。

 またハリソンは、事故のショックによって事故以前の記憶を思い出すことが困難になる、逆行性健忘という障害があることも明かした。

 一方で司会者から「ゴルフ場に落ちたんでしょ?『ファー!』って叫んだ?」と聞かれたハリソンは、「ファー!」ではなく「フォー、ド!」と叫んだという冗談も飛ばしていた。

 新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(日本公開12月18日)でもハン・ソロとしての活躍が期待されるハリソン。大きな事故から彼がカムバックを果たしてくれて本当によかったと世界中のファンが思っていることだろう。(編集部・海江田宗)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 10月
  4. 31日
  5. ハリソン・フォード、ホットドッグ姿で墜落事故後の障害を明かす