シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

公式サイト:http://starwars-jp.com/force/
スター・ウォーズ/フォースの覚醒
(C) 2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.
英題:
STAR WARS: THE FORCE AWAKENS
製作年:
2015年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2015年12月18日
上映時間:
配給:
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
製作会社:
ルーカスフィルム
カラー

見どころ:SF映画の金字塔にして世界中で愛され続ける人気シリーズの新3部作第1章で、『スター・トレック』シリーズなどのJ・J・エイブラムスが監督を務めた超大作。ジョン・ボイエガやデイジー・リドリー、オスカー・アイザック、アダム・ドライヴァー、旧シリーズのマーク・ハミルやハリソン・フォードらが出演。新たなエピソードやキャラクターと共に、最新鋭の技術とリアルなセット撮影を融合した映像にも期待。

あらすじ:諸事情によりストーリーの記載はありません。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒
(C) 2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    手放しで「凄い!」と言い切れぬもどかしさ…。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『SPACED』であれだけ『ファントム・メナス』をクサしまくったサイモン・ペッグが、前知識なしではまったく本人とは判らぬモーション・キャプチャー・キャラで出ている。とにかくエピソード1~3に幻滅した者(僕を含む)にとってはウキウキしっぱなし、「観たかったものを観ている」という充実感はかなりある。しかし同時に「あまりにもエピソード4と5をなぞり過ぎじゃないの?」という思いに駆られるのも否定しがたく、このあと2作続くはずだが新しい発展は可能なのか、と不安にもなるってもんだ。『ザ・レイド』チームのアクション指導もあまり効果を発揮しているとは言い難いしなあ。ともあれ復活ルークに期待を繋ごう。

  • なかざわひでゆき
    あの原体験の興奮を今に蘇らせてくれる新3部作の出発点
    ★★★★
    »読む«閉じる

     僕らの見たかったスター・ウォーズが帰ってきた。とにかく、この一言に尽きるだろう。確かにEP4~5を焼き直したようなストーリー展開は先が読めすぎるけど、しかしこの単純明快な宇宙冒険活劇のワクワク感こそ、あの原体験の興奮や喜びをまざまざと今に蘇らせてくれるのだ。
     もちろん、その既視感が賛否を分けるポイントにもなり得る。ファン心理を意識しすぎた結果の安全策ではないのか、ただのオマージュに過ぎないのでは、などの疑問も浮かんでこよう。だが、あくまでもここは新3部作の出発点。その幕開けを晴れやかに宣言するという意味において、シリーズ原点にリスペクトを捧げたJ.J.エイブラムスの選択は正しいと思う。

  • 森 直人
    手抜かりなし!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    これは最優秀のフォロワータイプであるJ.J.の実力が最大発揮された一本ではないか。ファン目線で批評的に作り込み、無難を超えて完璧。旧三部作への回帰と、時代に合わせたアップデートの両方を抜群のバランスでブチ上げている。映像もアナログな物質性を大切にし、模型フェチ心を超刺激する「よくできたジオラマ」感がたまらん。そりゃトミカとか買っちゃうでしょ!

    リブートの方法論としては、ファーストの物語構造を新しい装いで変奏し、配役はレジェンドとニュースターを共存させるなど、やはり『ロッキー』の同じくエピソード7=『クリード チャンプを継ぐ男』と重なる。今ってオリジネイターより“文化的二世”有利の時代だなあ。

  • 中山 治美
    違う意味で涙…
    ★★★★
    »読む«閉じる

    なんだ??胸のざわつきは。
    新作完成の高揚感より、押し寄せてきたのは悲哀。
    傷だらけのミレニアム・ファルコン。
    埃をかぶっているR2ーD2。
    さらに年相応のハン・ソロやレイア姫も登場。
    我々にとっては空白の時間も、
    彼らはずっと戦争を続けてきたのだという事を説得力を持って突きつけられた。
    過去の設定でも、SWに未来を見てきた。
    空想の世界と現実世界が近づいてしまった虚しさと寂しさもある。
    この不毛とも言える争いにどう決着をつけるのか。
    我々の混迷する社会の未来を占うためにも、最後まで見届けてやろうじゃないか。
    熱狂的なファンならずとも、その気にさせられた力作である。

  • 平沢 薫
    このスピード感は「スター・ウォーズ」史上最速!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     本作がサーガに導入したものは、なによりも"スピード感"。まず物体の運動速度。X-ウイング群の飛翔も、ライトセーバーのバトルも、速い。そして物語の展開速度。ドラマが停滞することなく、どんどん進む。
     そのうえ旧作ファン感涙の「EP4」「EP5」のアイテム、台詞、場面が、予想以上に大量。そのせいもあり、物語も「EP4」「EP5」のアレンジ版として見てしまうが、その観点から見ても面白いように作られている。
     とはいえ、主軸は新たな主人公たちによる新たな物語の始まり。まだ解明されていない謎が多いうえに、新たな謎も増え、この「続きを見なくちゃ」感が、TVシリーズで鍛えたJ.J.エイブラムズ監督の腕?

  • 山縣みどり
    さすがJ.J.! 彼が少年時代に受けた感動が伝わってきたよ!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    壮大なサーガを担うプレッシャーにJ.J.エイブラムズ監督は見事に打ち勝った! 父子の確執はもちろん、ミレミアムファルコンの登場のさせ方やX−ウィングのドッグファイト、カット割り&フレームサイズなどの撮り方までエピソード4へのリスペクトで満ちあふれている。10歳のJ.J.少年の心に刻まれた感動を共有したようで、こちらも胸がほっこり。もちろんBB-8をはじめとする新キャラも魅力たっぷりだし、旧作とのつなぎに無理がないのはシリーズを愛する脚本家が物語をしっかり練ったから。ヒロインの生い立ちの謎などの布石もあるし、フィン&ポーのやおいな友情にも興味津々で、エピソード8&9が待ち遠しい。

  • 清水 節
    活劇の“軽み”を取り戻しつつ善悪入り交じる新世代の神話を志向
    ★★★★
    »読む«閉じる

    エピソード4を魅力的なものにしていた、いい意味でのB級アクション映画としての“軽み”を取り戻しながらも、過去6作とは趣の異なる、善と悪が入り混じった神話としての世界観が、二元論では割りきれない今の空気を捉えている。

    逃亡、屈折、そして失踪。誰もが皆、アイデンティティを模索し、葛藤している。旧三部作の懐かしきキャラクターたちを前面に押し出しすぎることなく、拠り所を喪失した新世代の迷いや決意を輝かせることに成功している。

    前半は演出的な運びにもたつきがあるが、もはや伝説的な人物であるルークの存在を核とした真っ直ぐな脚本が、すべてを牽引し、いくつもの謎を散りばめつつ力強くラストへと向かう。

  • くれい響
    『新たなる希望』の・ようなもの
    ★★★★
    »読む«閉じる

    さすがヲタ心を掴むのが巧い、J・J・エイブラムス。危ない橋を避け、行方不明のルーク探しを軸に、『エピ4』のリブートかと見違えるほどのオマージュ大会にしたのは大正解。絶妙なタイミングで次々出てくる、あのキャラに、あのシチュエーション。全編『SW』愛に溢れ、「文句言わせねぇよ」という気合いを感じるが、『の・ようなもの のようなもの』とのカブりっぷりが偶然すぎて笑える。また、ボンクラ息子を更生させようとするオヤジ奮闘記や、やっぱり三角になりそうなトワイライター萌えを狙った展開など、今後に繋がる伏線も楽しめ、訓練シーン早よ!と言いたくなる135分。ただ『ザ・レイド』組の使い方、疎かすぎやしないか?

  • 相馬 学
    丁寧なシリーズ再生に、ただただ感謝!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     シンデレラ城もバッド・ロボットのクレジットもなくルーカスフィルムのロゴで始まり、“A long time ago~”のテロップ、タイトルとあのテーマ曲! アドレナリンが沸き立つのは、ほとんど条件反射。

     エピソード4~6のオマージュを盛り込みつつ、冒険活劇の基本を踏まえて新たなドラマを創造。とびっきりドラマチックかつ衝撃的な逸話もある。丁寧に世界観を構築していることに、ファンとしては、ただただ感謝。

     とはいえシリーズの敷居は決して高くない。ヒロインや脱走兵ら若い主要キャラは“ジェダイ”も“フォース”も話しか聞いたことがない……という設定なので、若い観客には目線を置きやすいはずだ。

予告編・動画

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』日本のために作られた予告編!
新3部作の幕開け!映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』予告編
映画『スター・ウォーズ:ザ・フォース・アウェイクンズ(原題)/ Star Wars : The Force Awakens』特報
映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』特報第2弾

» 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ポスター
    ポスター

キャスト

ハン・ソロ:
レイア・オーガナ:
カイロ・レン:
ポー・ダメロン:
マズ・カナタ:
ハックス将軍:
キャプテン・ファズマ:
チューバッカ:
ルーク・スカイウォーカー:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の映画ニュース

  • 映画『スター・ウォーズ』シリーズの最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(日本公開12月15日)に、なんと英国王室のウィリアム王子とヘンリー王子がカメオ出演してい...e Hollywood Reporter が報じた。 前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』では、『007』シリーズのジェームズ・ボ...
  • 映画『スター・ウォーズ』シリーズでルーク・スカイウォーカーを演じるマーク・ハミルが、シリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日)PRのため来日する...・レン役のアダム・ドライヴァーも、前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』以来、約2年ぶりに日本に降り立つ。マー...
  • 俳優で歌手の及川光博が14日、都内で行われた映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』カウントダウン点灯式イベントに出席し、『スター・ウォーズ』シリーズを巧妙に例えた...行収入ランキング歴代No.1を記録した前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の続編として、内なるフォースを覚醒させ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「スター・ウォーズ フォースの覚醒」あなたは子どもの語りべになれていますか? from あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】 (2016年12月29日 16時3分)
    わたしたち大人は、子どもたちに 自分の価値観を押し付けていますよね。 押しつける意識がなくても、 できるだけ押し付けない様に意識をしていても、 わたしたちが創っている文化や環境が 自然と子どもたちにしみついていく。 それは避けられようがない部分が 非常に多… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【スター・ウォーズ/フォースの覚醒】を観た from NEW WAY.NEW LIFE (2016年4月10日 10時34分)
    さあ映画【スター・ウォーズ/フォースの覚醒】ですよ シリーズ七作目、生みの親のジョージ・ルーカスの手を離れた新作 まああれこれ話題に事欠かない作品ですが 公開二日目に本作を ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「スター・ウォーズ フォースの覚醒」 from 元・副会長のCinema Days (2016年1月22日 6時39分)
    (原題:STAR WARS:THE FORCE AWAKENS )大して面白くもないが、欠点をあれこれと指摘するのも意味が無いように思う。この作品自体がひとつの“アトラクション”であり、映画としての出来を批評するようなシロモノではない。製作元がディズニーになったことも、そのことを... ...[外部サイトの続きを読む]
  • Star Wars新作で、さらに男を上げた、J.J.エイブラハムスが明かす「秘密の発想法」で彼の原点を知る。 from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2016年1月19日 23時33分)
    去年末に業界的にも 個人的に強いインパクトがあったのが、 <スター・ウォーズ/フォースの覚醒 Star Wars:The Force Awakens  で率直な感想は、 <流石J.J.エイブラハムズ!と唸る <よくぞ難プロジェクトを上手にまとめたものだ! <一度は断ったプレッシャー... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」  帰ってきた世界観と新鮮さはまた別 from 珍竹鱗  映画とネットとモバイル機器の日々 (2016年1月18日 0時55分)
    映画「スターウォーズ フォースの覚醒」を観ました。 特に見る予定ではなかったのですが、他にいいものがやっていなかったので観ました。 さすが、スターウォーズです。 やはり、世界観がよく、昔見たスターウォーズの世界が帰ってきたように思えました。 そういえば、エ… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年12月14日の週の公開作品
  3. 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』