シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
名画プレイバック

第28回:『オリエント急行殺人事件』(1974年) 監督:シドニー・ルメット 出演:アルバート・フィニー【名画プレイバック】(1/4)

第28回:『オリエント急行殺人事件』(1974年) 監督:シドニー・ルメット 出演:アルバート・フィニー
『オリエント急行殺人事件』より 名探偵ポワロが謎解きを披露する名シーン - (C)Paramount Pictures/Photofest

 ミステリーの女王、アガサ・クリスティが生んだ稀代の名探偵エルキュール・ポワロ。“灰色の脳細胞”をフル活用して事件を解決に導くベルギー人の小男といえば、1989年から20年以上続いたイギリスの長寿ドラマ「名探偵ポワロ」シリーズのデヴィッド・スーシェが作り上げたポワロ像が最高峰だろう。一方、映画では、たった1度しか演じていないが強烈な印象を残しているのが、『オリエント急行殺人事件』(1974)のアルバート・フィニーによるポワロである。(今祥枝)

 イスタンブールで事件を解決したエルキュール・ポワロは、新しい事件のために急遽オリエント急行でロンドンへ向かう。一等寝台車は満室で、列車は混み合っていた。やがて、閉ざされた密室の中でアメリカ人の大富豪ラチェットが計12回刺されて殺害される。事件の容疑者は、1人の車掌と12人の一等客室の乗客たち。雪で列車が停車する中、捜査に乗り出すポワロは13人の容疑者全員が被害者と関わりがあったことを暴いていく……。

 1932年に実際に起きたリンドバーグ愛児誘拐事件と、豪華国際寝台列車オリエント急行を組み合わせた内容もセンセーショナルな、1934年に発表されたクリスティのミステリー小説「オリエント急行殺人事件」。「そして誰もいなくなった」「アクロイド殺し」などと並んで、非常によく知られた作品である。いずれもトリックは奇抜で、読み終わった後には「その手があったか!」と驚かされる。もっとも、このある種の“禁じ手”があまりにも有名になってしまったため、実際には映画や原作にアプローチしたことがない人もいるかもしれない。だが、クリスティ原作の映画化作品としては、『情婦』(1957)と双璧を成す『オリエント急行殺人事件』もまた、結末がわかっていてもなお(あるいはわかっているからこそ)、何度観ても新たな発見があるミステリーの傑作である。

 なんと言っても1度は目撃しておきたいのが、動くスター図鑑とも言うべき豪華キャストの共演だ。アンソニー・パーキンス、ジョン・ギールグッド、ショーン・コネリー、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、ウェンディ・ヒラー、ローレン・バコール、イングリッド・バーグマン、マイケル・ヨーク、ジャクリーン・ビセット、ジャン=ピエール・カッセル等々、錚々たる顔ぶれ。なにしろ開始早々、無残にも殺されてしまう被害者がリチャード・ウィドマークなのだから贅沢すぎる。オスカー受賞者や演劇界の重鎮、世界的に名前が知られている銀幕のスターが一堂に会する豪華さは、近年でもオールスターキャストが売りの映画はあるが、やはり格別なものがある。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 11月
  4. 6日
  5. 第28回:『オリエント急行殺人事件』(1974年) 監督:シドニー・ルメット 出演:アルバート・フィニー