シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『E.T.』脚本家が死去 65歳

『E.T.』脚本家が死去 65歳
メリッサ・マシスンさん(2005年撮影) - Amy Graves / WireImage for Mann Productions / Getty Images

 スティーヴン・スピルバーグ監督の名作『E.T.』の脚本家メリッサ・マシスンさんが亡くなったことが明らかになった。65歳だった。

 The Hollywood Reporter によると、メリッサさんは現地時間4日にアメリカ・ロサンゼルスで亡くなったとのこと。詳しい死因については明かされていないが、Deadlineなどの複数のメディアが、メリッサさんは長い間闘病生活を送っていたと報じている。メリッサさんの死に、スピルバーグ監督は「メリッサのハートは、寛大さと愛で輝いていた。そのハートは『E.T.』に明るく輝く心を与えてくれた」と声明を発表している。

 メリッサさんが手掛けた『E.T.』は、地球に取り残されたエイリアン(E.T.)と偶然出会った少年の人種を超えた心温まる交流を描き、第55回アカデミー賞脚本賞にノミネート。惜しくも受賞は逃したものの、全米興行収入3億5,919万7,037ドル(約431億364万4,440円)の大ヒットを記録し、1982年のアメリカ公開作興行収入1位の座に輝いた。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル120円計算)

 メリッサさんはそのほか『マジック・ボーイ』『トワイライトゾーン/超次元の体験』などの脚本を執筆。また約18年ぶりとなる新作『ザ・BFG(原題) / The BFG』で、スピルバーグ監督と再タッグを組むことでも注目を浴びていた。

 私生活では、『スター・ウォーズ』シリーズのハリソン・フォードと1983年に結婚。2人の子供(俳優のマルコム・フォード、女優のジョージア・フォード)をもうけたが、2004年に離婚している。(編集部・井本早紀)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 11月
  4. 5日
  5. 『E.T.』脚本家が死去 65歳