シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

山下智久、バッタ役で新たな領域へ!伊藤英明『テラフォーマーズ』撮影現場が公開!

山下智久、バッタ役で新たな領域へ!伊藤英明『テラフォーマーズ』撮影現場が公開!
主人公・小町小吉を演じる伊藤英明 - (C)貴家悠・橘賢一/集英社 (C)2016 映画「テラフォーマーズ」製作委員会

 累計発行部数1,300万部を突破する人気コミックを三池崇史監督が実写映画化するSFアクション『テラフォーマーズ』の撮影現場が公開され、伊藤英明と山下智久が、本作で挑む壮絶バトルの一端を垣間見せた。

 人類が火星への移住計画を推進するためコケとある生物を放ってから500年後、異常進化を遂げたその生物を駆除するために火星へ送り込まれた15人の隊員が史上最悪の敵“テラフォーマー”と戦う姿を描く本作。隊員はそれぞれに特殊な手術を施されており、変異すると特殊能力を発揮するという設定もあって、それぞれがいかにテラフォーマーと戦うのかが注目される。

 クランクインからほぼ1か月がたったこの日の撮影の舞台は、建設費1億円という宇宙船「バグズ2号」のコントロールルーム。『藁の楯 わらのたて』『寄生獣』の林田裕至によるセットは圧巻。作りが緻密で、操縦席に配置されたモニターの画面も実際に機能しているような映像が用意されている。そうしたセットのディティールが、ダークで重厚感ある作品の世界観を伝えるようだ。そして、その中に白と黒の宇宙服に身を包んだ伊藤と山下が立つと、まさに映画『テラフォーマーズ』の世界が立ち上がる。

 主人公の小町小吉を演じる伊藤は「衣裳が重く、ちょっと動いただけで汗が吹き出す」と言うが、撮影ではすでに、その衣装だからこその動きをマスターしているよう。武藤仁役の山下と向かい合い、軽くボクシングの真似事をするような動きの掛け合いを見せる。二人はテストから高い緊張感を維持し、監督を交えて動きを丁寧に確認しながら淡々と撮影を進行。映画『あしたのジョー』を経ただけに、キックボクサーという役柄にも説得力がある山下は「仁は自分が人に負けるのを絶対に許せないという“亀田感”のあるキャラクター。亀田三兄弟を意識しました!」と周囲を笑わせるが、あながち冗談ではないのかも。ちょっとした腕の動きがシャープで型が決まっている。

 そんな山下と初めて組む三池監督は「役者という生き方にいま強い魅力を感じているのが伝わります。貪欲ですよ。見た目はクールな人だけど、その表面的ではない熱が撮影をしながら次第に高まり、エンディングに向けてどば~ん! と爆発するといいなと思ってます」と期待を募らせる。バグズ手術によってサバクトビバッタの能力を手にした仁を演じたことで、「人間を超えた、いつもとは違う感情が出せたと思います。メイクや衣裳、火星という舞台が良い化学反応を起こし、いつも以上に楽しく感情を爆発させることができました」というから、俳優・山下智久が新たな領域へ足を踏み入れたことは間違いなさそうだ。(取材・文:浅見祥子)

映画『テラフォーマーズ』は2016年4月29日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 11月
  4. 9日
  5. 山下智久、バッタ役で新たな領域へ!伊藤英明『テラフォーマーズ』撮影現場が公開!