シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

アンジー監督作、MIYAVIふんする軍人のサディスティックぶりが明らかに

アンジー監督作、MIYAVIふんする軍人のサディスティックぶりが明らかに
映画『不屈の男 アンブロークン』より - (C) 2014 UNIVERSAL STUDIOS

 アンジェリーナ・ジョリーが監督を務めた映画『不屈の男 アンブロークン』から予告編が公開され、本作で日本軍人を演じハリウッドデビューを果たした、ミュージシャン・MIYAVIの熱演ぶりが明らかになった。

 第87回アカデミー賞で撮影賞をはじめとした3部門にノミネートされた本作は、第二次世界大戦で日本軍の捕虜となった、オリンピック選手ルイ・ザンペリーニ氏の半生に迫った戦争ドラマ。ルイ氏は1936年のベルリン・オリンピック5,000メートルで驚異的なタイムをたたき出し、第二次世界大戦で空軍パイロットになるも、彼を乗せた爆撃機が海に不時着。47日間漂流の末、日本軍に見つかり捕虜として収容所へ送られてしまう。収容所では、彼に対して異常なまでの執着を見せるワタナベ伍長(MIYAVI)から執拗な虐待を受けるが、ルイ氏は不屈の精神で耐え抜き、ついに終戦の日を迎える。『名もなき塀の中の王』などのジャック・オコンネルが、ルイ氏を演じた。

 公開された予告編の冒頭では、不良青年だったルイ氏が、兄から受けた「出来ないことはない」「自分を磨け」という教えを胸に走ることに打ち込み、オリンピックで大成功を収める姿が映し出される。しかし、開戦によりルイ氏を取り巻く状況も一変。日本軍の捕虜となったルイ氏は、ワタナベ伍長から「オリンピック選手だそうだな」と目を付けられ、とりわけ厳しい拷問を受ける。目を見開き咆哮(ほうこう)し、ルイ氏を日々痛めつけるワタナベ伍長と、とりわけ厳しい仕打ちを受けても、家族との再会を信じて耐え忍ぶルイ氏。戦時下の凄惨な描写と映像の最後の「私は生涯、レースを棄権したことはない」というルイ氏の言葉が胸に刺さる。(編集部・高橋典子)

『不屈の男 アンブロークン』は2016年2月にシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 11月
  4. 17日
  5. アンジー監督作、MIYAVIふんする軍人のサディスティックぶりが明らかに