シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

仲村トオル、デビュー作『ビー・バップ・ハイスクール』を約30年ぶりに振り返る

仲村トオル、デビュー作『ビー・バップ・ハイスクール』を約30年ぶりに振り返る
『ビー・バップ・ハイスクール』のデビュー当時を回想する仲村トオル

 1980年代に一世を風靡した、きうちかずひろ原作のヤンキー映画『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズのブルーレイボックスが9日に発売。本シリーズの伝説のヤンキー、トオル役でスクリーンデビューを飾った仲村トオルが本商品に封入された解説の中で制作当時を振り返っている。

 1983年から2003年にかけて「週刊ヤングマガジン」で連載された人気漫画「BE-BOP-HIGHSCHOOL」を実写映画化した『ビー・バップ・ハイスクール』(1985)は、当時学生でデビュー前だった仲村トオルと、駆け出しの俳優だった清水宏次朗という無名の役者を主演に迎えながら大ヒットを記録。二人が演じたヤンキー・コンビ“トオル&ヒロシ”は瞬く間に人気者となり、シリーズ6作まで製作された。

 第1作『ビー・バップ・ハイスクール』で鮮烈なスクリーンデビューを果たした仲村は、出演の経緯をこう語る。「30年前、求人情報誌を買いに行った本屋さんで立ち読みした『ザ・テレビジョン』にちっちゃく『映画の主役男性2人を公募しています』みたいな記事があったので、なんとなく……まぁ面白そうだなと思ったんですね」。しかし、応募した段階ではヤンキー漫画の映画化作品であることは知らず、オーディション会場で初めて知ったという。「会場に入ったら3、40人くらいはいたかなぁ。すごい人数のヤンキーたちが『ケンカしたくてしょーがねーよ!!』とウズウズしている感じで(笑)」と仲村はオーディション会場に集まった面々を見て面食らった記憶を回想する。

 6作通じてメガホンを取った那須博之監督はまだ演技経験のない仲村にも、「あれほど『もう1回! もう1回! もう1回!』と言い続ける人とその後出会っていない」と仲村に言わしめるほどのスパルタ指導。時には40回以上テイクを重ねてもOKが出ないこともあったという。かくして那須監督の指導のもと、俳優として順調な滑り出しを切った仲村だが、中には苦い記憶も。

 第2作の挿入歌でビー・バップ・少年少女合唱団による「ビー・バップ・パラダイス」をはじめ、仲村ら出演者が主題歌や挿入歌を歌うようになるが、歌の活動は精神的にもかなりつらかったようで、「最初のレコーディングのときの印象が、非常に悪かったんですよ。そのときレコード会社の人に『お前、B面歌わなくていいから帰っていいよ』という言われ方をされて(笑)。歌うという行為に自信があったわけではもちろんないですし、人前で歌うのも……。客席にお客さんがいる状態とか、歌番組にはなかなか慣れなかったですし」と今だから笑って話せるトラウマを明かした。(編集部・石井百合子)

「初回生産限定 ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎 Blu-ray BOX」(価格:3万2,000円+税)は12月9日発売(販売元:東映 発売元:東映ビデオ)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 12月
  4. 8日
  5. 仲村トオル、デビュー作『ビー・バップ・ハイスクール』を約30年ぶりに振り返る