シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

吉永小百合、“息子”二宮和也からの手紙に思わず涙ぐむ

吉永小百合、“息子”二宮和也からの手紙に思わず涙ぐむ
二宮和也からの手紙に目を潤ませた吉永小百合

 女優の吉永小百合が12日、都内で行われた『母と暮せば』初日舞台あいさつに出席、本作で息子役を務めた二宮和也が座長として作品を支えた吉永への感謝の手紙を読みあげると、瞳に涙を浮かべた。この日はほかに、黒木華、浅野忠信、山田洋次監督も来場した。

 広島を舞台にした戯曲「父と暮せば」の故・井上ひさしさんの遺志を山田監督が受け継ぎ、原爆で壊滅的な被害を受けた長崎を舞台に描き出した本作。35ミリフィルムでの撮影、編集が行われたことから、この日はフィルム上映という貴重な機会となった。

 満員となった場内を見渡した山田監督は「準備をした日からいつかは封切りの日が来ると心待ちにしていました。今日は映画を見終わったお客さまということで、法廷で判決を聞くような気持ちで胸がドキドキしています」とあいさつ。続けて吉永が「今日は大変な思いをしてチケットを取っていただいてありがとうございます」と切り出し、会場を沸かせると、「長崎を出港した山田丸は、今日、東京に上陸いたしました。ドキドキするような思いでここに立っております」と語り、会場から万雷の拍手を受けてホッとしたような笑顔を見せていた。

 公開初日までさまざまなプロモーション活動に従事し、座長として本作を引っ張ってきた吉永。スタッフ、キャストからの感謝の手紙が送られることになり、それを二宮が代読することになった。まず「ちょうど昨年の今頃、製作発表会見から1年間、小百合さんのそばで充実した日々を過ごさせていただきました」と読み上げると、「自分のことだけでも大変なのに、誰よりも気遣いの人でした」という吉永の姿勢を称賛。

 さらに「ご自身が座長として作品を背負っているんだという覚悟と潔さは現場を明るくなごやかにして、関わる人すべてが過ごしやすいように作ってくださいました」と感謝を述べると、「小百合さんと一緒の船に乗って、本当に幸せな時間を過ごすことができました。そして先頭を走り続ける小百合さんはとてもかっこよかったです。その姿をいつも思いながら、一人一人が頼れる存在になって、小百合さんとまた素晴らしい作品をつくりたい。それが我々の今日からの目標です」と締めくくった。その言葉を聞いた吉永の目からは自然と涙があふれ、「本当にうれしいという気持ちと、これでしばらく皆さんとお別れになるのはつらいなという気持ちがあります」としみじみ付け加えた。(取材・文:壬生智裕)

映画『母と暮せば』は全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 12月
  4. 12日
  5. 吉永小百合、“息子”二宮和也からの手紙に思わず涙ぐむ