シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
名画プレイバック

『十二人の怒れる男』(1957年)監督:シドニー・ルメット 出演:ヘンリー・フォンダ 第34回【名画プレイバック】(1/3)

『十二人の怒れる男』(1957年)監督:シドニー・ルメット 出演:ヘンリー・フォンダ 第34回
『十二人の怒れる男』当時のポスタービジュアル - (C)United Artists / Photofest / ゲッティイメージズ

 シドニー・ルメット監督の出世作であり、法廷ドラマ、社会派ドラマの傑作にして一流のサスペンス、密室劇の金字塔である『十二人の怒れる男』(1957年)。脚本家のレジナルド・ローズが、自身が陪審員を務めた経験を踏まえて執筆し、1954年にテレビの単発ドラマ枠の1エピソードとして映像化された。さらにテレビ版を自ら脚色した舞台版及び映画版は、現在に至るまで世界各国で繰り返し映像化され上演されている。時代や国境を超えて、本作が人々に支持される理由はどこにあるのか。(今祥枝)

 大筋はこうだ。ニューヨークの法廷で、18歳の少年が実父を殺した事件の審理が終わり、12人の陪審員が評決のために陪審室に引き上げてきた。被告の評判は悪く、法廷に提出された証拠や証言は、圧倒的に少年に不利なものばかり。全員一致で有罪になると思われたがただ一人、陪審員8番(ヘンリー・フォンダ)だけが少年の無罪(Not Guilty)を主張。早く帰りたくて仕方がない他の陪審員たちに、合理的な疑問を一つずつ投げかけていく。

 この後の展開は、多くのサスペンス作品、法廷ドラマの雛型となっているほどスタンダードだろう。集まっているのは、年齢、人種、職業、生い立ちなど、全く知らない者同士。それぞれに偏見や固定観念があり、その根拠がどこに由来するのかといったキャラクター付けが、8番の疑問提起によって露見していく。扇風機は動かず、暑さにむっとする空気が伝わる陪審室の中で、初めは8番に苛立ちをぶつける人々の気持ちもわからないではない。だが、一人、また一人と「有罪ではない」とする票が増えていく展開は、緻密な心理戦でスリリングだ。脚本がまず素晴らしいのはもちろんだが、ルメットの人の捌き方の巧みさは出世作にして顕著。12人の誰も埋没することなく、それぞれにきっちりと人格を持たせて機能させている点は秀逸だ。

 この辺は後の『オリエント急行殺人事件』(1974年)や『ネットワーク』(1976年)などにも通じるだろう。大勢の登場人物の捌き方のテクニックは、監督に転身する以前にテレビ演出家として約500本ものテレビドラマを手掛けた経験が生かされているように思う。また人間をじっくり描きながら、一方でちょっとした間の作り方で、あれ? そっちだったか! といった観客をミスリードする演出も技ありで、ラストは大体想像がつくが、そこに至る過程の面白さ、サスペンスが損なわれることはない。初の劇場映画にして後に生み出す傑作たちを予見させるルメットの堂々たる手腕は、実に素晴らしい。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 1月
  4. 8日
  5. 『十二人の怒れる男』(1957年)監督:シドニー・ルメット 出演:ヘンリー・フォンダ 第34回