シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『マーニー』米林監督、アカデミー賞ノミネートに「すべてのスタッフに感謝」【第88回アカデミー賞】

『マーニー』米林監督、アカデミー賞ノミネートに「すべてのスタッフに感謝」
映画『思い出のマーニー』より - (C) 2014 GNDHDDTK

 第88回アカデミー賞長編アニメ映画賞に、映画『思い出のマーニー』がノミネートされた米林宏昌監督がスタジオジブリを通じてコメントを発表。「関わってくれたすべてのスタッフに感謝します」と今の思いを明かした。

 14日に発表されたアカデミー賞長編アニメ映画賞のノミネーションリストに、見事名前が入った『思い出のマーニー』。高畑勲・宮崎駿両監督が関わらなかった初めてのスタジオジブリの長編作品ということで注目を浴びていた同作の脚本・絵コンテ作業は、米林監督自ら18か月もの期間を費やして行われた。「この映画一本で世界を変えようなんて思ってはいません。ただ、もう一度、子供のためのスタジオジブリ作品を作りたい」。監督の強い思いとともに製作された本作。それだけに候補入りの喜びもひとしおだったようで、監督は「『思い出のマーニー』がアカデミー賞にノミネートされましたことを大変光栄に思っています」とうれしさをにじませている。

 今回長編アニメ映画賞にノミネートされたのは、『思い出のマーニー』を含めて、『インサイド・ヘッド』『アノマリサ(原題) / Anomalisa』『映画 ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~』『父を探して』の5作品。結果は、2月28日(現地時間)に米ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催される授賞式で発表される。もしも『思い出のマーニー』が受賞すれば、『千と千尋の神隠し』(第75回・宮崎監督)以来13年ぶりに日本作品が受賞することになる。(編集部・井本早紀)

<米林宏昌監督コメント全文>
『思い出のマーニー』がアカデミー賞にノミネートされましたことを大変光栄に思っています。この作品を選んでくださった方々や、関わってくれたすべてのスタッフに感謝します。たくさんの人たちに楽しんで観てもらえるような作品をこれからも作っていきたいと思います。この度は本当にありがとうございました。

■『思い出のマーニー』
ジョーン・G・ロビンソンの児童文学を原作にしたファンタジーアニメ。幼いころに両親を亡くし、ある出来事をきっかけに心を閉ざした少女・杏奈と、突然彼女の前に現れた謎めいた金髪の少女マーニーが分かち合ったひと夏の思い出が描かれる。日本では2014年7月、北米では2015年5月に公開。日本国内累計興行収入は35億3,000万円。(数字はスタジオジブリ調べ)


【関連情報】

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 1月
  4. 15日
  5. 『マーニー』米林監督、アカデミー賞ノミネートに「すべてのスタッフに感謝」