シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
名画プレイバック

『噂の二人』(1961年)監督:ウィリアム・ワイラー 出演:オードリー・ヘプバーン、シャーリー・マクレーン:第37回【名画プレイバック】(1/2)

『噂の二人』(1961年)監督:ウィリアム・ワイラー 出演:オードリー・ヘプバーン、シャーリー・マクレーン:第37回
- (C)United Artists / Photofest / ゲッティイメージズ

 俳優部門の候補選定をめぐる抗議が広がる第88回アカデミー賞。主演と助演でケイト・ブランシェットとルーニー・マーラが候補になった『キャロル』は1950年代ニューヨークを舞台に、女性同士の恋を描く。同作を観て思い出したのが、オードリー・ヘプバーンとシャーリー・マクレーンが寄宿学校を経営する親友同士を演じたウィリアム・ワイラー監督の『噂の二人』(1961)だ。(冨永由紀)

 学生時代からの親友であるカレン(ヘプバーン)とマーサ(マクレーン)は、当地の有力者ティルフォード夫人の援助で寄宿学校を経営し、父兄からの評判もいい。だが、生徒の1人がついた心ない嘘から2人に同性愛の噂が立ち、白眼視された彼女たちは学校経営を断念せざるを得なくなる。2人は、噂は事実無根だとして訴訟を起こすが敗訴し、全てを失ってしまう。そんな中、マーサは無意識に抱いていたカレンへの気持ちに気づく。

 原作はリリアン・ヘルマンが1934年に書いた戯曲「子供の時間」。ワイラーは1936年に『この三人』というタイトルで一度映画化しているが、当時はたとえ噂話としても同性愛をほのめかすのは憚られ、ヒロイン2人と男性の三角関係に脚色された。作品の根幹を変えてしまう変更だが、ヘルマン自身がこれを承諾した事実からも、80年前のアメリカでは同性愛というものがどれほどのタブーであったのがうかがい知れる。その風潮は25年後の1961年でもまだ強く、登場人物の誰もが口にするのをためらう。例えば騒ぎの発端となる少女は、2人の関係を有力者である祖母に告げ口するとき、「大きな声ではとても言えない」と言って耳打ちする。その瞬間に祖母は目を剥いて驚愕する。

 持って回った描写になるのは、アメリカ映画界に1930年代から1960年代後半まで設けられた検閲制度「ヘイズ・コード」の存在がある。汚い言葉や性的描写を中心に、道徳的でないとアメリカ映画協会(MPAA)が判断するものは作品に登場させないというものだ。遠回しな方が直截な表現よりも、よりタブー感は増す。そして、撮影当時の社会常識が演出や俳優たちの演技に反映されていて、『キャロル』とはまた違うリアリティーが作品全体に漂う。

 コードがまだ敷かれている状況下でもなお、より原作に忠実な映画化を目指すのは簡単ではなかったはずで、ワイラー監督の『ローマの休日』(1953)でスターになったヘプバーン、『アパートの鍵貸します』(1960)などで活躍していたマクレーンという女優2人が主演を務めた意義は大きい。スター女優2人の勇気ある選択が可能だったのは、2人ともすでに結婚して母親になっていたからだという説もある。本作は、未婚の女優にはあまりにリスクの大きいテーマだった。ちなみに、マーサに迷惑をかけてばかりの叔母リリーを、『この三人』でマーサを演じたミリアム・ホプキンスが演じている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 2月
  4. 6日
  5. 『噂の二人』(1961年)監督:ウィリアム・ワイラー 出演:オードリー・ヘプバーン、シャーリー・マクレーン:第37回