シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

大東駿介 岸明日香とのキスシーンを振り返り「ネギとかが、一番マズい」

大東駿介 岸明日香とのキスシーンを振り返り「ネギとかが、一番マズい」
映画『表と裏 最終章』の初日舞台あいさつが行われ(左から)赤井英和、大東駿介、遠藤要、岸明日香、藤原健一監督が登壇した

 カリスマ政治家とヤクザが手を組み、巨悪に立ち向かう社会派サスペンスシリーズの完結編、映画『表と裏 最終章』の初日舞台あいさつが、6日、東京のシネ・リーブル池袋であり、W主演を務める遠藤要と大東駿介、共演の赤井英和、岸明日香、藤原健一監督が登壇。本作で初めてキスシーンに挑んだという岸が「大東さんにリードしていただいたので、ありがたかったです」と振り返ると、大東は「撮影前の食事で、ネギとかが一番マズい。次の日まで来るやつですから」と、キスの注意ポイントを明かし、場内を盛り上げた。

 本作は、同じ児童養護施設で育ち、友情で結ばれた若きカリスマ政治家・堂前恭一(遠藤)と、ビジネスに才覚を発揮するヤクザ・郡司昭次(大東)が、表社会と裏社会から混沌とする日本を変革し、新しい秩序を作るため共闘するシリーズ3部作の完結編。テロの陰謀を仕掛け、日本を巨大軍事国家にしようと防衛大臣、宗教団体、ヤクザが結託した巨悪に立ち向かっていく。

 ついに”最終章”を迎えた感想を聞かれた遠藤は「監督は、もっと続けたい感じがアリアリだったけど、実は(大東)駿介と『一回終わらせましょう』と監督に提案して、ぼくらが終わらせました」と、まさかの裏話を披露。大東も「もちろんイヤとかじゃなく、監督には第6部くらいまで構想があったけど、そのエネルギーを3に凝縮して爆発させた感じなんです」と続け「1シーンを撮るのに、監督と(遠藤)要くんと、とことん話し合って濃厚な時間を過ごせました」と満足気な表情。遠藤も「やり切った感があります。役者人生の中で、こんなに体当たりの芝居をしたのは、本作が一番」と、力を込めた。

 「『最終章』は衝撃の展開。1作目から3作目まで、物語が成長して行ってるなと思ってもらえるのでは」と、見どころを話した大東。悪徳政治家・鬼嶋役の赤井は「第1作めの撮影の時期、私、ちょうどライザップのCM用にダイエットやってまして」と振り返り「『しんどかった?』って聞かれるけど、全然しんどくなかった」とコメント。あのCMのポーズと笑顔を決めて爆笑を誘っていた。(取材/岸田智)

映画『表と裏 最終章』は東京・シネ・リーブル池袋にて公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 2月
  4. 7日
  5. 大東駿介 岸明日香とのキスシーンを振り返り「ネギとかが、一番マズい」