シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

スティーブ・ジョブズは技術者を芸術界へと誘導した…ファスベンダーらが本気討論

スティーブ・ジョブズは技術者を芸術界へと誘導した…ファスベンダーらが本気討論
スティーブ・ジョブズについて語る様子 - (C) Universal Pictures (C) Francois Duhamel

 新作映画『スティーブ・ジョブズ』(2015)から、マイケル・ファスベンダー、ケイト・ウィンスレットら主要キャスト陣と、監督のダニー・ボイル、脚本のアーロン・ソーキンといった顔ぶれが揃い、ジョブズについてディスカッションするという特別映像が公開された。

 2011年に逝去したアップル社の共同設立者スティーブ・ジョブズについて熱いトークを繰り広げるのは、ボイル監督、ソーキン、ジョブズ役のファスベンダー、ジョアンナ役のウィンスレット、ウォズニアック役のセス・ローゲン、スカリー役のジェフ・ダニエルズ、海外の映画評論家エルヴィス・ミッチェルの7名だ。

 ソーキンは「彼は“ディスクスロットが笑顔にみえる”と言っていた。人の製品に対する愛着を彼はよく理解していた」とジョブズの感性について考察し、「いろんな意味でアーティストだ」(ローゲン)、「想像力豊かな天才」(ダニエルズ)、「彼は周りの人々に言った。“君は何者?”“得意分野は何?”彼のそういう面には感銘を受ける」(ウィンスレット)と俳優陣もそれぞれが “スティーブ・ジョブズ”像を述べる。

 さらに「意思疎通の方法に革命をもたらした。偉大な業績だ」と語るボイル監督の話を静かに聞いていたファスベンダーは、自らが演じたジョブズについて「他の者に見えないことが彼には見えたんだ。そして技術者にはマシンの内側にサインさせた。彼は技術者を芸術家のように扱っていたんだ。技術者を芸術界へと誘導した」と彼の功績を称える。続けて「世界を変えた者は多いが、彼の動機は金じゃない。革新そのものだった」と指摘し、深く考えてから一言「すばらしい男だよ」とつぶやくのだった。

 本作は、ジョブズ本人が伝記作家ウォルター・アイザックソンに頼み込んで完成した伝記小説を原案に、単に彼の人生を追うのではなく、彼が手掛けた3大製品発表(1984年のMacintosh、1988年の NeXT Cube、1998年のiMac)の舞台裏を描き、天才ジョブズの素性を浮き彫りにしていく。(編集部・石神恵美子)

映画『スティーブ・ジョブズ』は2月12日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 2月
  4. 6日
  5. スティーブ・ジョブズは技術者を芸術界へと誘導した…ファスベンダーらが本気討論