シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

故郷から遠く離れた場所で少女が未来を探す物語

故郷から遠く離れた場所で少女が未来を探す物語
映画『ブルックリン』ポスタービジュアル - (C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

 アイルランドの小さな町から渡米した少女の成長を描いた映画『ブルックリン』の特別映像が公開され、本作でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされているシアーシャ・ローナンが、ニューヨークで未来を探す姿がお披露目された。

 同作は、1950年代前半にアイルランドの田舎からアメリカに移住した少女の物語。母親と姉と暮らしていたエイリシュ(シアーシャ)は、彼女の将来を案じる姉の勧めでニューヨークのブルックリンに移住する。同じアイルランド人の娘たちと同居しながらデパートの仕事に就き、イタリア系青年トニーと恋に落ちるが、母国で思わぬ出来事が起きて帰国したことで、友人ジムと再会する……。作家コルム・トビーンの原作を『17歳の肖像』のニック・ホーンビィが脚色、『BOY A』のジョン・クローリーがメガホンを取った。

 公開された映像で、住み慣れた故郷を離れたエイリシュがやってきたニューヨークは、“愛の見えない町”だった。パスポートを要求する男の声が冷たい一方で、「親愛なる妹へ。何千キロも離れたアメリカで読んでるのね」で始まる姉からの手紙は温かい。激しいホームシックに陥りながらも、エイリシュは大都会の人混みの中から未来を見つけ出そうと奮闘する。「違う人生を想像してた」という少女にはいつしか恋する相手ができ、大人へと成長していくのだが、やがて彼女は「故郷も愛も二つは持てない」という難題のもと、人生の選択を迫られることになる……。

 第88回アカデミー賞で主演女優賞だけでなく、作品賞、脚色賞の主要3部門にノミネートされている本作。1人の女性が迷いながらも心を決めていく物語は、故郷、家族、愛……人生の大切なものの中で葛藤し、自分の未来を選択しようとするすべての人々が共感できる映画になっている。(編集部・海江田宗)

映画『ブルックリン』は7月よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 2月
  4. 11日
  5. 故郷から遠く離れた場所で少女が未来を探す物語