シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

長澤まさみ、「エロス担当」らしいセクシードレスで魅了!

長澤まさみ、「エロス担当」らしいセクシードレスで魅了!
『海街diary』で女優助演賞を受賞した長澤まさみ

 女優の長澤まさみが16日、ミューザ川崎シンフォニーホールで開催された第70回毎日映画コンクールの表彰式にセクシーなドレスで登場し、『海街diary』では「エロス担当」を任されていたことを振り返った。

 父の残した異母妹を家に迎え入れることになった姉妹が織り成す家族の絆を描いた同作。長女を演じた綾瀬はるかが女優主演賞を、次女を演じた長澤が女優助演賞をそれぞれ受賞した。長澤は「本当に素敵な賞をいただき、これから頑張っていく上でとても励みになりました」とコメント。四姉妹の中で一番奔放で勝気な性格の次女を演じたが、「実生活でも二人兄妹の妹なので、(自分の演じた役がらの)気持ちがすごくわかった」としみじみと語った。

 司会者からは綾瀬とのケンカのシーンについて感想を求められ、「長女(綾瀬)とケンカするシーンが多いのですが、そんな時、長女の綾瀬さんが柔らかく、強く、いつも同じ場所にいて、次女のわたしを受け止めてくれた」と述懐。また、同作メガホンを取った是枝裕和監督が長澤について「エロス担当」と周囲に話していたことについても「そうですね」と真摯に受け止め、この映画自体がタナトス(死)やエロス(性)の世界と関係があると説明した上で「監督からエロスは次女が担って欲しい」とリクエストを受けたこと明かし、「頑張って担当してみました」と笑顔を見せた。

 女優主演賞を受賞した綾瀬は四姉妹の長女役。「普段、ドラマとかでの優柔不断なわたしとは真逆な役ですごく難しかった。でも演じることで気付いていなかった自分の新しい一面に気付くことができた」と語り、前述の長澤とのケンカのシーンでは「是枝さんから『あんまり声を張らずに怒ってください』とアドバイスを受けました」と懐かしそうに振り返っていた。

 授賞式には、TSUTAYA映画ファン賞の日本映画部門受賞作『幕が上がる』主演のももいろクローバーZ、日本映画大賞を受賞した『恋人たち』の橋口亮輔監督、『野火』で監督賞、男優主演賞を受賞した塚本晋也監督、新人賞を受賞した藤野涼子、野田洋次郎、男優助演賞の加藤健一、田中絹代賞を受賞した桃井かおりらも出席した。(取材・文:名鹿祥史)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 2月
  4. 16日
  5. 長澤まさみ、「エロス担当」らしいセクシードレスで魅了!