シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

映像業界が大変革 ドラマ、映画、テレビ、ネットが区別のない時代に【コラム】(1/4)

映像業界が大変革 ドラマ、映画、テレビ、ネットが区別のない時代に
Netflixオリジナル・シリーズとして世に送り出された「ハウス・オブ・カード 野望の階段」 - Netflix / Photofest / Getty Images

 近年、アメリカの映像業界はNetflixに代表されるサブスクリプション型の動画サービスの登場によって、驚くほどのスピードで業界再編が進んでいる。これは、基本料金とは別に課金のあるプレミアム・ケーブル局HBOが1990年代終わりから台頭したことのインパクトに匹敵する、あるいはそれ以上の影響を与えていると言えるだろう。HBOは映画界との強いコネクションと潤沢な資金を武器に、破格の製作費と制作スタイルで従来のテレビ業界の常識を覆すクオリティーの高い番組作りで業界を席巻し、テレビ業界全体の質の向上を著しく促す原動力となった。結果として、映画スターやヒットメイカー、デヴィッド・フィンチャーやスティーヴン・ソダーバーグからマーティン・スコセッシといったビッグネームから映画界の人材をテレビ業界に引き込み、現在の活況を牽引した。(今祥枝)

Netflixの成功を皮切りにネットドラマが台頭

 そこに登場したのが、日本にも昨秋上陸して話題の動画サービスNetflixである。レンタル店から出発した同社の転機となったのは、2013年に勝負をかけて世に送り出したオリジナル・シリーズ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」の成功だ。本作がテレビシリーズか否かといった論争があったことなど、今となってはジョークのよう。本作がエミー賞、ゴールデン・グローブ賞など主要なアワードで高い評価を得たことを皮切りに、「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」や「ブラッドライン」ほか数々のオリジナル番組が成功を収めた。並行して「トランスペアレント」や「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」といった番組を擁するAmazonプライム・ビデオもめきめきと頭角を現し、1年も経たないうちにネットドラマが主要なアワードを席巻するようになった。

 驚くほどにケーブルの普及率が高いアメリカで、従来基本料金で視聴できるベーシック・ケーブル局は地上波の二次放送、再放送が主流で地上波に匹敵するようなオリジナル番組は極めて少なかった。そのため、1990年代半ばまでエミー賞などの主要な賞にノミネートされる作品は、ほとんどが地上波だった。そこに現在は「ゲーム・オブ・スローンズ」等を擁するHBOが、映画スターが比較的早い段階から出演していたミニシリーズ / テレビムービー部門のほかにドラマ部門、コメディ部門でも存在感を示すようになり、2000年代に入ると最多ノミネート数や最多受賞数を誇るようになった。HBOは視聴料で成り立っているので、スポンサーに配慮することなくバイオレンスや性描写などを売りにしているが、最大の魅力は映画に匹敵する圧倒的な質の高さにある。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 2月
  4. 18日
  5. 映像業界が大変革 ドラマ、映画、テレビ、ネットが区別のない時代に