シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『インディ・ジョーンズ』撮影監督が死去 103歳

『インディ・ジョーンズ』撮影監督が死去 103歳
ダグラス・スローカムさんの最後の作品となった『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』 - Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 スティーヴン・スピルバーグ監督の『インディ・ジョーンズ』シリーズで、撮影監督を務めたダグラス・スローカムさんが、現地時間22日にイギリス・ロンドンの病院で亡くなった。103歳だった。BBCや Mirror Online などが報じている。死因については明らかにされていない。

 『インディ・ジョーンズ』シリーズで、『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』の3作の撮影監督を担当したスローカムさん。スピルバーグ監督は、彼の死に「最高の協力者で素晴らしい人間でした。ドギー・スローカム(スローカムさんの愛称)は器用で熱心で、映画を作ることを愛していました。ハリソン・フォードがインディ・ジョーンズとして頭の切れる仲間たちと共にカメラの前に立ち、ドギーは3作の『インディ』映画でわたしのヒーローの裏にいました」とコメントしている。

 スローカムさんは、1940年代からイギリスを中心に活躍。ロマン・ポランスキー監督のパロディーホラー『吸血鬼』(1967)から、ピーター・イエーツ監督の戦争ドラマ『マーフィの戦い』(1971)、ロバート・レッドフォード主演の『華麗なるギャツビー』(1974)、ショーン・コネリーの『007』映画『ネバーセイ・ネバーアゲイン』(1983)など、ジャンルを問わずさまざまな作品を手掛けた。またジェーン・フォンダ主演の『ジュリア』(1977)で、第50回アカデミー賞撮影賞にもノミネートされた。(編集部・井本早紀)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ダグラス・スローカムさんが死去 from 元テレビっ子の芸能&スポーツ情報 (2016年2月25日 1時14分)
    最近の映画、少なくとも1990年代に入ってから映画を観ている人には 全く聞いたことの無い人物だと思いますが、スティーブン・スピルバーグ 監督のインディ・ジョーンズシリーズの撮影監督をしていた人です。 スピルバーグ監督とは「未知との遭遇」の追加撮影(ジョーズのヒット後 に未知との遭遇の撮影に入りましたが予算を超過してしまったために映画 会社から脚本の修正を要請されたため、スピルバーグ監督としては未完成 の状態で公開されましたが、映画が大ヒットしたために追加撮影の許可が 下りて当初の脚本通りに映画作られ、 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 2月
  4. 23日
  5. 『インディ・ジョーンズ』撮影監督が死去 103歳