シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『海街diary』作品賞など最多4冠!全受賞結果【第39回日本アカデミー賞】(1/2)

『海街diary』作品賞など最多4冠!全受賞結果
“海街4姉妹”も喜び!

 4日、第39回日本アカデミー賞授賞式がグランドプリンスホテル新高輪で開催され、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずが4姉妹を演じた映画『海街diary』(是枝裕和監督)が作品賞・監督賞・撮影賞・照明賞の最多4部門で最優秀賞を獲得した。

 日本アカデミー賞協会・岡田裕介会長が最優秀作品賞の発表時、「今年度は珍しく“ばらちらし”のような状態で、各作品にまだチャンスがあろうかと思います」と前置きしたように、最優秀賞がばらけるかたちになった今年の日本アカデミー賞だが、最優秀作品賞は最多12の優秀賞を受賞していた『海街diary』が手にすることになった。

 岡田会長から『海街diary』の名前が読み上げられると、綾瀬ら4人は顔を見合わせ喜びを分かち合い、壇上へ。最優秀監督賞も獲得した是枝監督は「最後に大きなご褒美が待っていて、すごく長い時間をかけて撮影させていただいて、お金を出していただいたプロデューサーの方たちに感謝したい」と喜びを語り、長女役の綾瀬は「本当にうれしい。みんなで一つになって作ったものが多くの方々に観ていただいたことが何よりありがたいです」と感謝した。

 酒好きで年下の男に弱い次女を演じた長澤は、「一番下のすずちゃんはだいぶ年下ですけど、同世代の女優さんと共演することで自分の未熟さを感じて勉強になったこともたくさんあった。すずちゃんが成長している姿に自分も頑張らないと、と勇気をもらった。本当にこの4人で姉妹ができてよかったなと思います」と感極まった様子。

 三女役の夏帆も「ここにみんなで立てることが本当にうれしくて、これを糧にこれからまた頑張りたい」、四女役の広瀬も「これからお芝居をさせていただく上で、すべてが財産になった。お姉ちゃんたちのような女優さんになれるように頑張ります」と4姉妹それぞれに思いの丈を語った。(編集部・中山雄一朗)

受賞結果は以下の通り。

■最優秀作品賞
『海街diary』

■最優秀アニメーション作品賞
『バケモノの子』

■最優秀監督賞
是枝裕和『海街diary』

■最優秀主演男優賞
二宮和也『母と暮せば』

■最優秀主演女優賞
安藤サクラ『百円の恋』

■最優秀助演男優賞
本木雅弘『日本のいちばん長い日』

■最優秀助演女優賞
黒木華『母と暮せば』

■最優秀脚本賞
足立紳『百円の恋』

■最優秀撮影賞
瀧本幹也『海街diary』

■最優秀照明賞
藤井稔恭『海街diary』


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 4日
  5. 『海街diary』作品賞など最多4冠!全受賞結果