シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

シリア内戦の悲劇をとらえた衝撃のドキュメンタリー映画

シリア内戦の悲劇をとらえた衝撃のドキュメンタリー映画
内戦中のシリアで撮影された

 シリア内戦をシリアの人々が撮影したドキュメンタリー映画『シリア・モナムール』の予告編が公開され、シリアで起きた悲劇の真実をとらえた衝撃の映画の一部が明らかになった。

 「私が愛するシリア」という意味の題名がつけられた本作は、シリアで発生した内戦の初動を現地の人々が撮影して、動画共有サイトやSNSにアップロードした映像をもとに構成されるドキュメンタリー映画。オンライン上に溢れかえった映像を亡命先のパリでつないでいたシリア人監督オサーマ・モハメドのもとに、内戦の真っ只中にいるクルド人女性シマヴからメッセージが届く。そして往復書簡で会話を重ねる二人は、“愛”についての映画を製作することになる。

 公開された予告編では、シリア内戦の様子を伝える生々しい映像が次々と展開される。殺される側と殺す側、両方の視点から苛烈を極める紛争の最前線をとらえた映像は、目を背けたくなるものばかり。そして衝撃の映像の数々にはポエティックな男女の会話が重なる。「人生の意味はここにあるの?」と問うシマヴに、オサーマは「人生は君を愛してる」と答える。そして最後に出てくる「今夜、私が眠るときあの遠い地でいのちが壊され愛が燃えつくされていく」のメッセージ。これは果たしてオサーマの言葉なのか。それともこの映画を観た人々が思うことなのだろうか。

 2011年春。アラブの春に始まった民主化運動はシリアにも押し寄せ、アサド独裁政権への不満と自由を求める声が市民の大規模なデモとなって渦巻いた。やがて政府軍による一般市民への弾圧は、瞬く間に凄惨の限りを尽くす拷問と虐殺の暗黒の時代へと様相を変えていった。亡命先のパリで故郷シリアの実状に苦悩し続けていたオサーマ監督が、衝撃の作品を世界に突きつけている。(編集部・海江田宗)

映画『シリア・モナムール』は5月下旬よりシアター・イメージフォーラムほか全国公開


【関連情報】
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 11日
  5. シリア内戦の悲劇をとらえた衝撃のドキュメンタリー映画