シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

二階堂ふみ、菅田将暉との交際報道否定「友達です」

二階堂ふみ、菅田将暉との交際報道否定「友達です」
登壇した二階堂ふみ

 14日、都内にて映画『蜜のあわれ』プレミア試写イベントが行われ、主演を務めた女優の二階堂ふみが登壇、イベント終了の去り際に、俳優の菅田将暉との“カフェデート”を報じられた件について記者たちから問われると、二階堂は小さく反応し「友達です」と声にならない声でコメントした。この日は共演の大杉漣、永瀬正敏と、そして石井岳龍監督も出席した。

 本作は、昭和の作家・室生犀星が理想の女性をつづったとされる金魚の姿を持つ少女と老作家の物語を映画化した文芸ファンタジーで、ある時は少女、またある時は赤い金魚となるヒロイン・赤子と老作家との間に、怪しげな女を交えて展開する不思議なストーリー。

 知り合いの編集者に薦められて、以前より原作を読んでいたという二階堂は、その世界に魅了され「この作品が映画になったらどうなるだろう? 純粋に観たいと思っていたのと同時に、こんな作品を作りたいという思いがあり、その思いを持ち続けていた」と長い間原作に抱いていた思いを明かす。そして今回、完成した作品を改めて観た際に「胸がいっぱいになりました。最初は(映画化作品を)観たいという興味からの出発だったけど、監督や他のキャスト、スタッフと一緒に作品を作り上げたことに対して、なんて素晴らしいんだろうと本当に嬉しくなりました」と感慨深い思いを語った。

 赤子にふんした二階堂は、老作家を演じた大杉に対して「大先輩なんですけど同じ目線で一緒のラインに立ってくださり、かつたくさん引き出しを開けてくださったことで赤子というものが出来上がった。本当に素敵な大先輩で、素敵な男性だと思いました」と絶賛。対して大杉も「いつか共演できればと思っていたんですが、今回こうして実現して本当に嬉しく思っていますし、いろんな気持ちの扉を開けてもらったと思っています。現場はもう『何だ終わっちゃうのか』というくらいにいい時間でしたね」と充実した共演を振り返った。(取材・文:桂伸也)

映画『蜜のあわれ』は新宿バルト9ほかにて4月1日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 14日
  5. 二階堂ふみ、菅田将暉との交際報道否定「友達です」