シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

竹内結子が絶叫!黒沢清監督スリラー『クリーピー 偽りの隣人』予告編公開

竹内結子が絶叫!黒沢清監督スリラー『クリーピー 偽りの隣人』予告編公開
『クリーピー 偽りの隣人』新ビジュアル - (C) 2016「クリーピー」製作委員会

 第15回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞した前川裕の小説を、ホラー&スリラー映画の名手・黒沢清監督が西島秀俊主演で映画化した『クリーピー 偽りの隣人』の予告編が公開。主人公と妻を追い詰めていく謎の隣人を巡るクリーピーな(ゾッとするような)映像の一部がお披露目となった。

 予告編は、犯罪心理学者・高倉(西島)と妻の康子(竹内結子)が新居での生活をスタートするところから幕を開ける。しかし、高倉が元同僚の野上(東出昌大)から、6年前に起きた未解決の一家失踪事件の捜査協力を依頼されたのと時を同じくして、隣人の西野(香川照之)と交流するようになってから、平穏だった生活が静かに一変していく。

 「西野さん、変人っていうかとりつくしまがないっていうか」と怪訝そうに西野の印象を話す康子、突如高倉家に駆け込み、「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です」と訴える西野の娘・澪(藤野涼子)……。さらには炎が噴き出す家屋、薄暗い部屋で発見される腐乱死体、絶叫する康子など、不穏な映像が次々と飛び出し、高倉と妻が追い詰められていく様子が垣間見える。

 「ねえ……ご主人と僕と、どっちが魅力的ですか?」と康子に詰め寄ったり、鍵が閉まっているはずの高倉家の玄関のドアがガチャリと開き、チェーンとドアの隙間からのぞいたり、断片的に映し出される西野はどこまでも不気味だが、澪の言葉が正しいとすれば彼は一体何者なのか? テロップで流れる「未解決の一家失踪事件、奇妙な隣人家族、“2つ”の繋がりは本当に恐怖の始まり」とは何を意味するのか? 悪夢に見そうな、好奇心&スリルを煽る内容となっている。(編集部・石井百合子)

映画『クリーピー 偽りの隣人』は6月18日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 22日
  5. 竹内結子が絶叫!黒沢清監督スリラー『クリーピー 偽りの隣人』予告編公開