シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

初の父親役・林遣都、10年を超える俳優人生を振り返る!

初の父親役・林遣都、10年を超える俳優人生を振り返る!
俳優歴10年!インタビューに応じた林遣都

 鬼才・三池崇史監督と伊藤英明のタッグで人気漫画を実写化する映画『テラフォーマーズ』の前日譚を描いたドラマ、dTVオリジナル「テラフォーマーズ/新たなる希望」に出演する俳優の林遣都が、10年を超えた自身の俳優人生について語った。

 火星を舞台に、地球人と史上最強の敵(テラフォーマー)との壮絶なバトルを繰り広げる映画『テラフォーマーズ』。本ドラマは、映画でも原作でも描かれることがなかった「火星に降り立つメンバーが選ばれるまで」という前日譚を描きだしたオリジナル作品だ。映画版にも出演する伊藤英明、武井咲、篠田麻里子、菊地凛子、加藤雅也に加え、林、菅谷哲也、高岡早紀らがドラマ版オリジナルキャストとして参加している。

 映画化が決定する前から原作コミックの大ファンだったという林は「衝撃的で最高に面白いマンガなんで、これは絶対に世界が放っておかないだろうなと思ったんです」と述懐。その後、三池監督&伊藤主演というコンビでの映画化が決定したと聞き、「世界規模の話なのでどうなるんだろうと思ったんですけど、この二人なら絶対にすごいことをしてくれるに違いないと思いました。特に主人公・小吉の力強さを表現できるのは、日本では英明さんしかいない」と感じたという林。「そんなときに、この話をいただいて。絶対に参加したいと思いました」と力強く付け加えた。

 そんな林が本作で演じているのは、強盗で10年の刑に服していたが脱獄、莫大な報酬目当てで火星行きを目指しながら、残してきた妻子をどこか気にかけている逃亡犯・菅谷洋平。林にとっては初の父親役で、ニヒルでありながら、めっぽう腕っ節が強く、ロングヘアーを束ねた独特なルックスのユニークなキャラクターだ。「登場人物は皆さん、本当に全員独創的で。決めごとも何もなかったんで、メイクさんたちと一緒に、どんどんと濃いめにしたりして、オリジナルのキャラクターを作りあげていきました」という林。撮影には映画のセットをそのまま使用したこともあり、「スケールの大きな宇宙船のセットで撮影できて、本当にうれしかったです」と笑顔を見せた。

 2005年にスカウトされて芸能界入りして以来、10年を超えるキャリアを歩んできた。「あっという間だなと思うところもあるし、長かったな、いろんなことがあったなと思う気持ちもある。そういう気持ちにさせてくれるこの仕事が好きです」と語る林は、「キャリアも10年を超えて、今はまた新しく1からスタートだという気分です。ちょっとつらいなと思った時期もありましたけど、今はとてもスッキリしています。20代のうちにやりたいことがたくさんありすぎて、焦りもありますけど、でもどこかで一生やれる仕事だなと思うようになりました。すごく楽しんで仕事をしています」と充実した表情を見せた。(取材・文:壬生智裕)

dTVオリジナルドラマ「テラフォーマーズ/新たなる希望」は映像配信サービスdTVで独占配信中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 5月
  4. 3日
  5. 初の父親役・林遣都、10年を超える俳優人生を振り返る!