シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

銃弾飛び交う命懸けの撮影!人々は埋葬され暴力はエスカレートしていく…

銃弾飛び交う命懸けの撮影!人々は埋葬され暴力はエスカレートしていく…
映画『カルテル・ランド』ポスタービジュアル - (C)2015 A&E Television Networks, LLC

 メキシコ麻薬戦争の闇に一人の映像作家が迫ったドキュメンタリー映画『カルテル・ランド』の予告編が公開され、銃弾が飛び交う中で撮影された、まさに命懸けの映像がお披露目された。

 本年度アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にもノミネートされた本作。麻薬カルテルに抵抗するために立ち上がったメキシコの小さな町の内科医ホセ・ミレレスと、メキシコの麻薬の国境越えを阻止するために“アリゾナ国境偵察隊”を結成した退役軍人ティム・フォーリーを軸に、メキシコ麻薬戦争の現状をリアルに映し出す。

 今回公開された予告編は、麻薬組織によって殺害されたメキシコの人々の埋葬シーンで幕開け。政府や警察も恐れをなす麻薬カルテルに対して「黙っていてもやられるだけ」と家族を守るために自警団を結成するホセの姿は力強く、立ち上がった市民たちはマシンガンを持って町をまわる。また「自分の手で国境を守ろう」とティムが率いる偵察隊も迷彩服に身を包み国境付近で警戒にあたる。

 それぞれの正義の下に集まった彼らの姿は勇ましく描かれるが、場面が進むにつれて、家族を守るために立ち上がった自警団たちに向かって「俺の家族を返せ!」と銃弾が放たれたり、偵察隊も「ここに法などない」と民家のドアを蹴破る。「目には目を。歯には歯を」を合い言葉に正義のための暴力は徐々にエスカレート。善悪の境界線が不鮮明になるにつれ、それぞれの正義が揺らいでいく……。

 若き映画監督マシュー・ハイネマンが死と隣り合わせの状況下で、メキシコ麻薬戦争が抱える問題の根幹に追った本作は、善とは何か、悪とは何かを観ている者に問いかけ、その価値観を大きく揺さぶってくる。(編集部・海江田宗)

映画『カルテル・ランド』は5月よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 18日
  5. 銃弾飛び交う命懸けの撮影!人々は埋葬され暴力はエスカレートしていく…