シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

林遣都×市原悦子で直木賞作家サスペンス「しゃぼん玉」映画化!

林遣都×市原悦子で直木賞作家サスペンス「しゃぼん玉」映画化!
林遣都×市原悦子がタッグ!「しゃぼん玉」映画化!

 直木賞受賞作家・乃南アサのベストセラー小説「しゃぼん玉」(新潮文庫刊)が、林遣都×市原悦子出演で映画化されることが明らかになった。2017年春の公開を予定している。

 原作は、親に見捨てられ、通り魔や強盗傷害を繰り返す無軌道な若者が、逃亡途中の宮崎で、偶然出会った老婆や村の人々の愛情によって、失くした感情を取り戻していくという、血の繋がりを超えた絆を描いた感動作。

画像テキスト
左から市原悦子、乃南アサ(原作者)、東伸児(監督)、林遣都 - お祓い後に撮影したもの

 主演の孤独な少年・伊豆見役に又吉直樹原作のドラマ「火花」など話題作への出演が続く林が抜てき。「愛はどこからでも生まれ、人を築いていってくれる。どんなに苦しくても、大切な何かを失っても、生きてさえいて、誰かが見ていてくれれば、必ず取り戻すことができる。原作を読み、自分自身と重ね合わせ強く感銘を受けました」と原作の感想を述べると同時に、「自分の居場所を見つけ、愛を知り、どんどん変わっていく伊豆見の心の動きを、大事に、繊細に表現したいと思います」と意気込んだ。

 一方、伊豆見が逃亡先で出会う老婆・スマ役を名女優・市原は、「今までも山奥での撮影というのは数回ありました。『黒い雨』『蕨野行(わらびのこう)』。やはり共通しているのは、自然の中でありのままに生活するということです。厳しい自然の中をどう生きて、何を子孫に残していくのか、そして最後は自然の中で順番に死んでいく。映画『しゃぼん玉』も人間本来の生を全うして、自然の中で自然に寄り添って生きていく……原点に戻らされる作品だと思います」と本作について語った。

 そのほか、ある事件をきっかけに村に戻ってきた美知役を『デスノート2016』(10月29日公開)に出演している藤井美菜、厳しくも伊豆見を見守る村人・シゲ爺役を綿引勝彦、スマの息子役を相島一之が務める。

 メガホンを取るのは、『亡国のイージス』で助監督、ドラマ「相棒」シリーズでは監督を務める東伸児。また、宮崎県北部の9市町村(延岡市、日向市、門川町、諸塚村、椎葉村、美郷町、高千穂町、日之影町、五ヶ瀬町)で構成される宮崎県北部広域事務組合(天孫降臨ひむか共和国)が特別協賛、宮崎県による後援も決定しており、東監督は「企画立ち上げから3年、ようやく映画化できる事を大変嬉しく思っております。登場人物はもちろん、豊かな自然や食物、そこで暮らす人々の温かさなど、舞台となる宮崎県北部(天孫降臨ひむか共和国)や椎葉村の魅力を存分に感じる映画にしたいと思っています」と決意を語った。(編集部・石神恵美子)

映画『しゃぼん玉』は2017年春より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 20日
  5. 林遣都×市原悦子で直木賞作家サスペンス「しゃぼん玉」映画化!