シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

松本穂香、有村架純からお守りとメッセージの激励

松本穂香、有村架純からお守りとメッセージの激励
初主演舞台のゲネプロで熱演を見せる松本穂香

 有村架純の妹分として注目を浴びる女優の松本穂香の初主演舞台「ヨミガエラセ屋」の公開ゲネプロが30日、都内で行われ、舞台後の会見で同じ事務所の先輩でもある有村から励ましを受けたエピソードを明かした。

 死んでしまった人物を3Dホログラムとしてよみがえらせることで事件解明に挑む探偵事務所「ヨミガエラセ屋」を舞台にした本作で舞台初出演にして初主演を飾った松本。高校時代に演劇部に所属してはいたものの、商業演劇の場は初めてとあり、会見では緊張の面持ち。「演劇部でやっていたときとはまるで違います。演劇部では皆オンとオフの切り替えが下手だったんですけど、今回はすごいなって。本番前の緊張感も気持ちいいです」としみじみ。舞台直前には先輩の有村から「舞台頑張ってね。ハート」と書かれたメッセージと共にお守りをもらったと言い、「本当にかっこいいです。いつもリュックに忍ばせて持ち歩いています」と感激の表情を見せた。

 会見には「nonno」モデルの馬場ふみかや木本夕貴、岡安章介(ななめ45°)も出席。主演の松本の演技について質問を受けると、岡安は「堂々としていました。初主演とは思えない」と絶賛。馬場も「(現場では)ボスって感じでした」と松本の存在感をアピール。これに対して松本は恐縮しながらも「皆さんに比べたらヘナチョコ。ヘナチョコらしく頑張ろうと思います」とコメント。本番に向けて「声が奥まで届くように全力で頑張ります」と意気込んだ。

 初舞台と聞き、「最初は冗談を言われているみたいでした。でもそのときからワクワクしていました。とりあえず頑張ろうって」と思ったという松本。本番を前にすっかり士気も高まり、「(出演者)みんなの熱を見てほしいです。謎が深まっていくときのドキドキ感を観客の方々に共有してもらいたい」と改めて初舞台の魅力をアピールしていた。(取材・文:名鹿祥史)

舞台「ヨミガエラセ屋」は4月3日まで新宿村LIVEにて公演


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 30日
  5. 松本穂香、有村架純からお守りとメッセージの激励