シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

これがターザン!?英国貴族姿のターザン公開!(1/2)

これがターザン!?英国貴族姿のターザン公開!
英国貴族姿のターザン! - (C)2016 EDGAR RICE BURROUGHS, INC., WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC.

 世界で親しまれる小説「ターザン」シリーズをもとに新たなターザン像を描く映画『ターザン:REBORN』の場面写真が公開され、今までのターザンのイメージを覆す“英国貴族ターザン”の姿がお披露目された。

 本作は、1910年代に小説家エドガー・ライス・バローズが執筆した冒険小説「ターザン」シリーズをもとに『ハリー・ポッターと死の秘宝』のデヴィッド・イェーツ監督が描き出す、新たなターザンの物語。生後間もなく国の反乱に巻き込まれ、コンゴのジャングルで動物たちに育てられた過去を持つ英国貴族のジョン(=ターザン)は、ロンドンで美しい妻と平穏に暮らしていた。しかし策略にはまり故郷を侵略され、妻をさらわれたことから、ジョンは再びジャングルへ身を投じることを決意する……。

 この度、公開されたのはサミュエル・L・ジャクソン演じるアメリカ大統領特使が、ターザンに相談を持ちかけているシーンの写真。ターザンことジョンが遠くを見つめる表情はどこか不安げな様子も垣間見え、これから起こる嵐を予感させ……というよりも! 気品があふれすぎて本当にこの人物はターザンなのか? 斬新すぎて今までのターザンはなんだったのか? と思ってしまうほど衝撃的な姿である。

 ターザン役を任された北欧出身の俳優アレキサンダー・スカルスガルドは本作について「皆が知っているターザンではない」と断言。そして「(ターザンは)美しい妻、豪華な邸宅など、すべてのものを手に入れたかに見えるが、ロンドンに住むようになってからも心をジャングルに置いてきたまま」と自身の役柄について解説する。そして英国貴族になったターザンがジャングルへと再び舞い戻ることについて、「ジャングルに戻るというのは彼にとって難しい決断だったんだ。ロンドンでの10年間、ずっと封じ込めてきた本当の自分と(ターザンは)向き合わなければならないんだ」とインタビューに答えている。

 一方、まったく新たなターザンを生み出したデヴィッド監督は「(今回の脚本は)私に送られてきた脚本の中で最も愉快で、興味深く、楽しいものだった。大掛かりなアクションを中心に据え、『アウトサイダーであること』『愛する人のために何をするか』といった普遍的なテーマも盛り込んだ様々な展開がある」と自信をのぞかせ、「トレーニングに熱心でアクションシーンも見事だが、撮影が進んでいくにつれてどんどん彼の内に秘めたものが露わになっていく」とスカルスガルドを絶賛している。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 侵略は悪であるが from 哲学はなぜ間違うのか (2016年4月17日 19時55分)
    侵略は悪であるが、侵略できる立場の人々は必ずといってよいほど、実際に侵略しています。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 4月
  4. 11日
  5. これがターザン!?英国貴族姿のターザン公開!