シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

もしもわが子と砂漠で遭難したら?安田顕と吉瀬美智子が妄想討論

もしもわが子と砂漠で遭難したら?安田顕と吉瀬美智子が妄想討論
親としての一面をのぞかせた安田顕と吉瀬美智子 - (撮影:高野広美)

 アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版最新作『映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃』にゲスト声優として参加した安田顕と吉瀬美智子が、共に娘を持つ親として、どんな状況になってもわが子を守ることができるのか、もしも砂漠にいたら……などの妄想討論を繰り広げた。

 本作の舞台は、誰もが見たい夢を見ることができる“ユメミーワールド”。夢の研究者・貫庭玉(ぬばたま)夢彦の声に抜てきされた安田が、「こんなに家族に誇れる仕事ってなかなかないですから、本当にうれしいです」と口元を緩めると、夢彦の妻・サユリを演じた吉瀬も、「娘のお友だちに『しんちゃんに出るの?』って言われるんです。ヒーロー気分ですよ!」とニッコリ。国民的人気アニメへの出演は、二人にとって夢のような出来事だったようだ。

 アフレコを振り返り、「世界中が不幸になろうが娘を守る」という夢彦のセリフが印象に残ったと語る安田は、「僕自身、何があっても子供を守ろうと思ってはいるんです。でもね、時々、悩むことがあるんですよ。例えば、親子で砂漠をさまよって、水がほんの少ししかないときに、果たして本当に娘に水をあげることができるのだろうかって……」と素直な思いを吐露。すると吉瀬が、「わたしはできます!」と断言。「悩んでなんかいないで、本能で行動しますよ」と母の顔を見せた彼女だが、「じゃあ、あと2滴しか美容液がないって状態だったら?」と安田から質問されると、「お肌はダメなの! 飲み水は譲れても、化粧水だけは娘にも譲れないの!」とちゃめっ気たっぷりに答え、周囲の笑いを誘っていた。

 そんな吉瀬は、研究中のサユリがそばに寄ってきた娘に対し、「近づかないで!」と叫んだ一言が忘れられないという。「わたし自身、子供のことをちゃんと見てあげたいのに、仕事のために余裕がなくなってしまうことがあるんです。『ちゃんと愛情はあるのよ』って伝えたいのにもどかしくて、自分の心の中で闘いが起きてしまいます」と吉瀬が述べると、安田も「僕も家事や育児に向き合いたい気持ちはあるんですけど、どうしても仕事のことを考えてしまう。だからこそ今回の仕事は、『クレヨンしんちゃん』が好きな娘や、家族に対する恩返しだと思っているんです」と真摯に語り、子を持つ親としての心情をのぞかせていた。(取材・文:斉藤由紀子)

『映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 4月
  4. 17日
  5. もしもわが子と砂漠で遭難したら?安田顕と吉瀬美智子が妄想討論