シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

風間俊介、声優初挑戦の林遣都を自虐で労う

風間俊介、声優初挑戦の林遣都を自虐で労う
アドバイスをくれた風間俊介への感謝を表した林遣都

 テレビアニメ化もされた高橋和希による人気漫画「遊☆戯☆王」のその後の物語を描く『劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』の完成披露試写会が17日、都内で行われ、主人公・武藤遊戯の声優を務める風間俊介と海馬瀬人役の津田健次郎が登壇した。風間は本作の完成に感慨深げな表情。「僕の声優人生をかけてこの映画に挑みました。皆さんの顔を見て、本当にはじまるんだなと実感がわきます」としみじみ。津田も「あの劇場版の続きを僕らが演じられる。はやくこの日が来ないかと思っていました。(上映後)裏のほうで皆さんの拍手が聞こえてきた時はグッときました」と笑顔を見せた。

 舞台あいさつには高橋広樹、竹内順子ら声優陣と、ゲスト声優の林遣都、花澤香菜、日野聡、新キャラクターとなるチンピラ百済木軍団のリーダー役のケンドーコバヤシ、手下役のジャングルポケット(武山浩三、斉藤慎二、太田博久)、メガホンをとった桑原智監督も登壇。本作で声優初経験の林は「声の仕事は初めてでしたが、風間さんにいろいろアドバイスをいただいて、練習にも付き合ってもらいました」と風間に感謝の気持ちを表した。

 これに風間は「初めての声優経験とは思えなかった。僕の『第1話』の時とは比べ物にならない。僕のは(ひどくて)伝説になっているくらいですから」と自虐を交えて林のアフレコを絶賛。「僕らの4年間のチームワークの中に入るということで、戸惑いもあったと思います。大変だっただろうなと思います」とねぎらいの言葉を掛けて林を感激させた。

 また、コバヤシ、ジャングルポケットらお笑い勢も本作の完成に安堵の表情。コバヤシは百済木軍団のリーダー役がすっかり気に入ったようで「素晴らしい役をいただいて、次もやらせてもらえるならもう一度同じ百済木を演じてみたい」とコメント。斉藤のほうは「せっかくだしトップみたいな役をやってみたかった。百済木をやってみたい」とコバヤシをうらやんでいた。(取材・文:名鹿祥史)

『劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』は4月23日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 4月
  4. 17日
  5. 風間俊介、声優初挑戦の林遣都を自虐で労う