シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

朝ドラ出演中の相楽樹がスリリングすぎるエピソード披露!会場ざわつく

朝ドラ出演中の相楽樹がスリリングすぎるエピソード披露!会場ざわつく
本物の不審者の話を披露した相楽樹

 NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の鞠子役で話題の女優・相楽樹が21日、都内で行われた映画『スリリングな日常』完成披露試写会に出席。プライベートのスリリングすぎるエピソードを明かし、会場をざわつかせた。

 本作は、新進気鋭の4人の監督が今注目のキャスト陣を迎え、都会の日常に潜むスリリングな出来事を描き、オムニバス形式で紡いでいくミステリー。相楽はその中に含まれるエピソード「不審者」で主演を務めている。

 作品タイトルにちなみ、これまでのスリリングな体験を聞かれた相楽は、「うちの周りは不審者が多くて」と切り出すと中学生時代の衝撃エピソードを紹介。部活帰りに誰かに自転車でつけられていると感じた相楽は、「一度ダッシュで逃げて相手をまいた」と話す。しかし、「つけられている」というのは思い込みかもしれないと思った相楽は、「相手を信じよう」と決意し、その後は普通の速度で歩みを再開。ところが相手はやはり不審者だったようで、「猛ダッシュで追いかけてきて、背中を思い切りグーでバンッと叩いて逃げて行ったんです」と告白した。

 相楽は「怖くて涙が止まらなくて……」と言いつつも、「そのあと(不審者が)戻って来たので、どのタイミングで逃げるかというのがすごいスリリングでした」となぜかニッコリしながら振り返る。犯罪レベルの話にキャスト陣はドン引きし、会場はざわついていたのだが、相楽は「何事もなかったので笑い話になっているんです」とキュートな笑顔を振りまいていた。

画像テキスト
金子ノブアキ、落合モトキ、相楽、加藤葵、藤田富

 この日は、金子ノブアキ、落合モトキ(「忘れられる人」)、熊坂出監督(「不審者」)、加藤葵、藤田富(「Qちゃん」)、豊島圭介監督(「あさのはなし」)も登壇。不審者エピソードは藤田も持っており、「朝5時に家を出て歩いていたら、印象が暗くておかっぱで眼鏡をかけた人が後ろを歩いていて、不安になりながら歩いていた……」と吐露。そんな中、ようやく通り過ぎた相手は「南海キャンディーズの山ちゃんだった」そうで、この話には客席からも笑いがあふれていた。(取材/錦怜那)

映画『スリリングな日常』は6月25日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 4月
  4. 21日
  5. 朝ドラ出演中の相楽樹がスリリングすぎるエピソード披露!会場ざわつく