シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

東出昌大、“熱々おでん”に挑戦させられ悶絶

東出昌大、“熱々おでん”に挑戦させられ悶絶
熱そう……!

 俳優の東出昌大が10日、都内で行われた映画『ヒーローマニア−生活−』大ヒット記念トークイベントに、スペシャルゲストのダチョウ倶楽部(肥後克広、寺門ジモン、上島竜兵)らと共に出席し、熱々おでん芸に初挑戦して笑いをさらった。本イベントには、片岡鶴太郎、豊島圭介監督も出席した。

 これまでさまざまなイベントに出席して、共演者とキレた後に仲直りのチューをするというキス芸を披露してきた上島は、この日も片岡に役作りで使っていたという金づちで頭を叩かれたことをきっかけにキスを迫って成功を収めた。味をしめた上島は、クスクス笑う東出に向かって「なに笑ってんだよ!」とにじり寄るが、寺門から「絶対無理。事務所の枠があるから」と制止されて断念。しかし、東出は「すごいですね。面白い」と肩を揺らして楽しんでいる様子。

 その後、ダチョウ倶楽部のリアクション芸の歴史を振り返るコーナーが設けられ、「熱湯風呂」「逆バンジー」「熱々おでん」などの印象深いエピソードが紹介されると、スクリーン前には熱々のおでん鍋が用意されるという異例の事態に。今やダチョウ倶楽部の伝統芸と呼ばれる「熱々おでん」(熱々のおでんを無理やり食べさせるネタ)だが、もともとは約35年前にお笑いタレントとして活躍した片岡が、バラエティー番組「オレたちひょうきん族」でビートたけしと一緒に始めたもの。

東出昌大
おたまでクールダウン

 そこで、誰が挑戦するかでモメたときのネタ「どうぞどうぞ!」に東出も参加しながら、片岡と上島が新旧の腕を競うかのように名人芸を披露。すると、当然のように東出も巻き込まれる流れに。「イヤイヤ……」と笑いながら拒否する東出をダチョウ倶楽部が取り押さえ、片岡が練り物を口元に当てるという連携プレーで笑いを取るも、東出はあまりの熱さに悶え、上島を倣っておたまでクールダウン。「こんな笑った舞台あいさつ初めて」と話す東出は、フォトセッションでも「ヤー!」と笑顔を見せるなどノリノリで、“ダチョウ倶楽部”を大いに満喫していた。

 福満しげゆきの人気漫画「生活【完全版】」を実写映画化した本作は、スラム化した地方都市を舞台に、ヘタレのフリーター(東出)、下着泥棒のニート(窪田正孝)、情報収集に長けた女子高生(小松菜奈)、若者殴り魔のサラリーマン(片岡)が自警団を結成し、本気でヒーローになろうと立ち上がるさまを描いたアクションエンターテインメント。(取材/錦怜那)

映画『ヒーローマニア−生活−』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 5月
  4. 10日
  5. 東出昌大、“熱々おでん”に挑戦させられ悶絶