シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

竹内結子、今回の作品は大好き!前作は…?監督が暴露

竹内結子、今回の作品は大好き!前作は…?監督が暴露
ホラーは苦手な竹内結子

 女優の竹内結子が25日、新宿ピカデリーで行われた映画『殿、利息でござる!』大ヒット御礼舞台あいさつに阿部サダヲ、中村義洋監督と共に来場、今作と同じく中村監督とタッグを組んだホラー映画『残穢【ざんえ】−住んではいけない部屋−』のPR活動時とのテンションの違いについて中村監督から指摘され、あわてる一幕があった。

 年貢の取り立てや労役で疲弊した宿場町を救うため、藩に金を貸して毎年の利息を地域の住民に配る「宿場救済計画」に尽力する人たちの姿を描いた本作。作品評価も高く、連日多くの観客が劇場に足を運んでいる。この日の観客の中には、複数回通ったというリピーターも多く、その様子を見た竹内も「この作品大好きです! この作品を観た後はいい気持ちになって劇場から出てくれるとうれしいです」と満面の笑み。

 観客の満足度も高い本作について、「ありがたいです」と切り出した竹内は、「同じ中村監督と以前にやった作品(『残穢』)は苦手なジャンル(ホラー)で大好きとは言いづらくて。もちろん中村監督は大好きですし、あの作品に出させてもらってありがたかったのですが……でも今回の作品は大好きです! ごめんなさい」とぶっちゃけて笑いを誘った。

 そんな竹内について、中村監督も「前とノリが全然違うんですよね。前の映画のキャンペーンの時に、仙台の最後の方で急にこちらの映画のキャンペーンもやろうということになったのですが、その時、竹内さんが急に冗舌になった」と暴露し、会場は大笑い。さらに、「一番始めに完成披露試写会をやった時に、劇場から出てくる人の表情が全然違っていて。『ありがとうございます』と言われたのですが、そんなことを言われるのが初めてだったのでビックリしましたね」としみじみ振り返った。

 主演の阿部も、本作の反響に手応えを感じている様子だったが、「今回はずっとテレビに出ていたねと言われるくらい、今までにないくらい宣伝したんです。でもある時、『新お江戸でござる』というタイトルに間違えられて。僕、それはやっていないんで。そういう方がいらっしゃるので、まだ宣伝をやった方がいいのかな」とボヤいていた。そして最後に「タイトルは『殿、利息でござる!』。それだけ覚えてください。『新お江戸でござる』と言われるとビックリするので」と付け加え、会場を沸かせた。(取材・文:壬生智裕)

映画『殿、利息でござる!』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 5月
  4. 25日
  5. 竹内結子、今回の作品は大好き!前作は…?監督が暴露