シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「コンバット」から特撮ナレまで!キャリア約60年、田中信夫のポリシー 連載第5回【声優伝説】(1/2)

「コンバット」から特撮ナレまで!キャリア約60年、田中信夫のポリシー 連載第5回
ソフトなバリトンボイスの持ち主、田中信夫さん

 1960年代に日本でも大ヒットした米テレビドラマ「コンバット」シリーズの主演俳優ヴィク・モローのほか、シドニー・ポワチエなどの吹き替えで知られる田中信夫さん。「TVチャンピオン」などテレビ番組のナレーションでも活躍し、60年近いキャリアを誇る。常に作品とだけ向き合い、「尊大になったり、卑下することもしない」という田中さんが、現在までの声優人生を語った。(取材・文:岩崎郁子)

■1人間違えれば録り直し!

 振り出しは、TBS放送劇団。大学卒業後、研究生からスタートし、劇団員6期生となった。先輩には故・大平透さん、大木民夫さん、浦野光さんらそうそうたる面々がいた。最初はラジオドラマのガヤや、テレビドラマの端役で経験を積み、洋画の吹き替えに携わるようになる。小さなスタジオで、1つのスクリーンの前に下がる1本のマイクに、声優陣が入れ代わり立ち代わりに声を入れる。効果音、音楽までも全て一緒に録音するので、誰かが間違えると録り直しになるという環境だった。「私は気が小さいから、終わりの方で何かしゃべらなきゃいけないって役がくるとゾッとしましたが、トチるのはお互い様という雰囲気でした」と録音・編集技術はもちろん、アテレコ自体も草創期だった当時を振り返る。画面の映像に合わせて声を出すため、「映像で口が開いているのに声を出していないとおかしいでしょ。だから『そうなんだよなぁーーー』なんて語尾を伸ばしたりして。テレビドラマとかに出てもそうやっちゃうから、『アテレコ調』とばかにされたりもした」という。

■ヴィク・モローとの不思議なめぐり合わせ

 まもなく、めぐり合ったのが、1962年に始まった「コンバット」だった。田中さんが吹き替えたチップ・サンダース軍曹(ヴィク・モロー)は、自分にも他人にも厳しい鬼軍曹だが、「悪いというか、癖があり手に負えない役柄でしたが、シリーズが進むうちに評判(人気)になっていった」と述懐。そんな役どころとは裏腹に、「後年お会いしたモローは柔和な優しい人でした」と明かす。実は学生時代、モローが出演していた映画『暴力教室』(1955)を劇場で観ていた田中さん。文学部教育学科在学中で、「もしかしたら教師になるかもしれないって頃。劇中、モローは不良高校生の役で、あんな悪ガキを教えるには、先生は腕力が強くなきゃいけない、俺にはだめだと挫折したんです。あの映画のモローを後に吹き替えるわけだから、今思えば縁ですね」と感慨深げに話した。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 2日
  5. 「コンバット」から特撮ナレまで!キャリア約60年、田中信夫のポリシー 連載第5回