シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ディズニー、魚に本気だす!『ニモ』続編をさかなクンが監修

ディズニー、魚に本気だす!『ニモ』続編をさかなクンが監修
さかなクン(上)と彼が吹き替えを担当する『ファインディング・ドリー』のマンボウ(下) - (C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

 第76回アカデミー賞長編アニメ映画賞を受賞したディズニー/ピクサー映画『ファインディング・ニモ』の続編『ファインディング・ドリー』の字幕版&日本語吹き替え版の海洋生物監修を、タレントで東京海洋大学名誉博士であるさかなクンが担当することが明らかになった。通常ピクサーが監修を外部に依頼することはないが、さかなクンの魚に関する知識の深さにはギョギョッと驚いたようで、異例のオファーが実現したという。

 抜てきされたさかなクンは、「ギョ! ギョ! なんとわたしも参加させていただけると聞いて、もう夢のようでギョざいます!」と大喜び。もちろんしっかりと仕事もこなしたようで、劇中に登場する魚がマカジキなのにカジキマグロと表記されていたのを指摘したり、水温はあまり摂氏とは言わないと「摂氏22度」という表現を「温度22度」に訂正したりと、豊富な専門知識を持つ彼ならではの細かい視点で監修を行ったとのこと。

 さらにさかなクンは、日本語吹き替え版でマンボウ役として声優にも挑戦。マンボウはさかなクンにとってトレードマークの帽子のモデルでもある大好きなハコフグと同じフグ科。これにはさかなクンも「マンボウちゃんは世界で最も大きくなるフグの仲間ですので、おお~こんな偉大なマンボウちゃんの役を頂けてうれしい!」と熱くなっていた。(編集部・井本早紀)

映画『ファインディング・ドリー』は7月16日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 2日
  5. ディズニー、魚に本気だす!『ニモ』続編をさかなクンが監修