シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「弱ペダ」ドラマ、小越勇輝ら実写キャストがプレッシャー明かす…ネットでは賛否

「弱ペダ」ドラマ、小越勇輝ら実写キャストがプレッシャー明かす…ネットでは賛否
左から鳴子章吉役の深澤大河、小野田坂道役の小越勇輝、今泉俊輔役の木村達成

 アニメ、舞台シリーズも人気の渡辺航による自転車ロードレース漫画を実写化したドラマ「弱虫ペダル」の合同取材会が10日、都内で行われ、主人公・小野田坂道役の小越勇輝、今泉俊輔役の木村達成、鳴子章吉役の深澤大河が人気コミックの実写化作品に出演するプレッシャーについて、それぞれの思いを語った。

 実写ドラマ化が発表されるや、舞台版が人気を博していることもあり、ネット上では実写化への賛否両論のみならずキャスト発表への不安が飛び交った。出演が明かされた俳優陣は舞台版から続投する者もいれば、新しく加わる者もおり、期待と不安が入り交じる原作・舞台シリーズファンの熱い注目を浴びている。

 鳴子役に初挑戦する深澤は、「プレッシャーがないと言えば嘘になります」と口を開くと、「先にアニメや舞台で作られたものがある中で、どうしても比べられてしまう。でも、比べられてもしっかりと自分自身にとっての鳴子を演じられたらという思いで挑んでいます。先に演じていらっしゃる先輩の熱い思いを勉強して、それをドラマで生かせたら」と胸の内を告白した。

 舞台版でも主人公を演じる小越は、「原作物の実写化というのはいろいろな意見があると思うんです。アニメ化、舞台化する時もそう。でも、このドラマ版はこのチームでしか作れない魅力が絶対あるはず」と力説。「クランクインを前に様々な不安が自分に突きつけられているのを感じますが、その不安をパワーにして、どんどんいい作品にしていきたい。僕はいつもそんな風にやってきました。そういうところは坂道君に通じるところがあるなと思っているんです」と秘めた思いを明かした。

記事全体
初代・巻ちゃんと2代目・東堂の組み合わせは興味深い…

 舞台では太田基裕が務め続ける今泉役を担当する木村は、「プレッシャーは感じています。ですが、ドラマで1話から演じられるという強みも絶対的にあると思います。僕が今泉を作り上げていけるんです」と初めて実写化される作品に出演するメリットについて述べると、「まあ、誰が何を言おうが僕が今泉を演じるわけです。もちろん認めてもらいたいですし、僕も周りが思うような今泉に近づけられたらなって自分で思っています。エリートで、お金持ちでストイックな今泉を頑張って演じます」と意気込んだ。

 3人のほか、郷本直也(金城真護)、友常勇気(田所迅)、馬場良馬(巻島裕介)、鯨井康介(手嶋純太)、八島諒(青八木一)、輝馬(古賀公貴)、平井浩基(杉元照文)、安里勇哉(寒咲通司)、桜井美南(寒咲幹)、滝川英治(福富寿一)、鈴木拡樹(荒北靖友)、北村諒(東堂尽八)、宮崎秋人(新開隼人)、青木空夢(泉田塔一郎)、秋元龍太朗(黒田雪成)、植田圭輔(真波山岳)、村田充(御堂筋翔)の出演が発表されている。(取材・文:名鹿祥史)

BSスカパー!オリジナル連続ドラマ「弱虫ペダル」は8月より放送


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 16日
  5. 「弱ペダ」ドラマ、小越勇輝ら実写キャストがプレッシャー明かす…ネットでは賛否