シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

木村佳乃、佐々木希とのシーン精神的にしんどかった

木村佳乃、佐々木希とのシーン精神的にしんどかった
四十肩になりそうだった!?

 木村佳乃が15日、都内で行われた映画『嫌な女』完成披露プレミアイベントに吉田羊、黒木瞳監督と共に出席し、佐々木希との共演シーンについて「精神的にしんどかった」と明かした。

 女優の黒木が初メガホンを取り、吉田と木村をW主演に迎えた本作は、真面目一徹の堅物弁護士・徹子(吉田)と派手好きの天才詐欺師・夏子(木村)、対照的な女2人の人生と絆を描いた、笑って泣ける人生リセットエンターテインメント。

 映画初主演を務めた吉田は「主演と呼ぶにはあまりにも未熟でしたが、瞳監督と佳乃ちゃんに手を引っ張ってもらい、なんとかゴールできました」と感慨深げな様子。木村は「大先輩で、第一線で輝き続けている瞳さんにお芝居をつけていただき、緊張の日々でしたが、こんな機会をいただけて幸運だなと感じています」とほほ笑んだ。そんな2人の演技に手ごたえを感じている黒木監督は「今日は奇跡の日です」と声を張ると、「見終わった後に皆さんのお顔をきっと笑顔にできると思っています」と自信満々の表情を浮かべた。

 その後、黒木監督から撮影中に一番辛かったことを尋ねられると、木村は「(劇中、)1人の男性を佐々木希ちゃん(演じる真里菜)と取り合うのですが、希ちゃんが出て来た瞬間にこれは取られるだろうと思いました。精神的にしんどかったです」と吐露。黒木監督から「そんなことないよ」とフォローされるも、「むちゃくちゃ可愛いんですよ」と訴える木村。また、男性の部屋で夏子と真里菜が鉢合わせするシーンでは、逆上して絨毯を持って暴れるというアドリブを入れたために、「ただでさえ子育てでパンパンなのに、四十肩になりそうでした」と渋い顔で打ち明け、観客の笑いを誘った。

 一方の吉田は、ナレーションを録っているときの苦労を告白。例えば「わたしは」という台詞について、黒木監督がニュアンスが違うと感じた場合、「ミレミミじゃなくてドレドドでお願い」と音階で説明してきたそうで、吉田は「全然わかんない。最後までわかりませんでした」と苦笑い。黒木監督から「最後はできていたじゃないですか」と言われても「本当ですか?」と疑いの目を向ける。しかし、そんな演出も新鮮で楽しかったようで、再タッグを熱望する吉田。「自分が思いもよらないお芝居を引き出していただいたので、瞳さんとご一緒すれば自分の可能性がどんどん広がっていくんじゃないかという期待を持っています」と胸中を語ると、「『嫌な女2』でも『3』でも。徹子役の通行人として通りますから」とささやかな役でも出演したい旨をアピールした。(取材/錦怜那)

映画『嫌な女』は6月25日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 15日
  5. 木村佳乃、佐々木希とのシーン精神的にしんどかった