シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

伊勢谷友介が暴君トラに!『ジャングル・ブック』でディズニー声優初挑戦

伊勢谷友介が暴君トラに!『ジャングル・ブック』でディズニー声優初挑戦
人間への復讐心を抱くトラの声を務める伊勢谷友介 - (C) 2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 俳優の伊勢谷友介が、ディズニー最新の実写映画『ジャングル・ブック』で、人間への復讐心を抱くトラのシア・カーン役で、ディズニー声優に初挑戦していることが明らかになった。

 ディズニーがアニメーション化もした本作は、英国作家ラドヤード・キプリングによる不朽の名作を、『アイアンマン』シリーズのジョン・ファヴロー監督が実写映画化したアドベンチャードラマ。生まれて間もなくジャングルに取り残された少年モーグリは、黒ヒョウのバギーラと母オオカミのラクシャに育てられた。バギーラからは生き抜くための知恵を教わり、ラクシャからは惜しみない愛を注がれ、幸せな生活を送るモーグリだったが、恐ろしいトラのシア・カーンが現れる……。日本語吹き替え版のバギーラの声は俳優の松本幸四郎が、ラクシャの声は女優の宮沢りえが務める。

 ジャングルの頂点に君臨するシア・カーンは、過去に人間から受けた苦しみから、人間であるモーグリに対し強い憎しみを抱くという役どころ。その圧倒的な存在感を表現するにあたり、伊勢谷は「ぶれないこと」を意識したといい、「彼の中に絶対的な芯がある。その意味では悪ではないんですよね。誰かにとって悪でも本人にとっては当然であるという、絶対的な自信を持つようにしました」と明かした。

 また、シア・カーンを「動物のヒエラルキーの頂点で独裁政治をやっている人」と表現し、「比較的ああいうシア・カーンのような存在は嫌いですね」と告白しつつ、「人間が過去にやってきた間違いによって生まれた遺恨であり、そういったことに向き合って相手の存在を助けるところまでにならないと本質的な改善にならないと思うので、シア・カーンは存在していてほしい」と思いを語る。さらに、「シア・カーンはなってはいけない存在ですが、なりたい自分、なりたい動物を見つけてくれれば」とメッセージを寄せている。(編集部・高橋典子)

映画『ジャングル・ブック』は8月11日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 16日
  5. 伊勢谷友介が暴君トラに!『ジャングル・ブック』でディズニー声優初挑戦