シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

元AKB48森川彩香、ガンプラで初主演映画勝ち取る

元AKB48森川彩香、ガンプラで初主演映画勝ち取る
初主演映画『教科書にないッ!』の初日舞台あいさつに出席しガンプラへの愛を明かした森川彩香

 元AKB48の森川彩香が18日、渋谷HUMAXシネマで行われた初主演映画『教科書にないッ!』の初日舞台あいさつに出席した。「機動戦士ガンダム」のプラモデル(通称ガンプラ)作りを趣味と公言している森川は、本作のオーディションを受ける際、そのガンプラを持ち込んで自己アピールしたといい、「(監督の前で)ガンプラ同士で戦う姿を見せたりしたんです。受からないと思っていた」とオーディション時をにこやかに振り返った。

 数十体所有するという自作のガンプラのうち、お気に入りのものをヤフオク! に出品したことが話題になるなど、とにかくガンプラが大好きという森川。この日同席した本作の佐々木詳太監督はその森川のガンプラアピールを目の当たりにしたといい「こいつで大丈夫かなと思いました。こんな元AKB48もいるんだって」と森川の第一印象を苦笑いで述懐。

 共演者の片山萌美も壇上で、「森川さんとオーディション一緒でした。真横でガンプラを持ち出すのを見て、わたしは受からないなって思いました」と思ったといい、佐々木監督は「今はよかったなと思っています。みんな飾っている感じがある中、森川だけは自分を出していた」と話してにっこり。

 森川は本作で先生を好きになって同居する女の子を演じるが、同居してみたい男性の理想像を語る中で、改めてガンプラ好きをアピール。「わたしの中でガンプラは体の一部。ガンプラを飾っていても怒らないような優しい人がいいです」と述べて会場をわかせると、初主演で挑んだ本作の演技についても「ずっとニコニコしている役で笑顔を作るのがたいへんでした。お風呂場でほっぺを持ち上げて練習したりしました。アイドルだけど、わたし、笑顔は苦手だったんです」と照れくさそうにコメント。

 また、本作でラブコメに初挑戦した馬場良馬や、この日が映画の舞台あいさつ初体験だという百合沙も登壇。本作の撮影の裏話を森川らと和やかに明かし合っていた。(取材・文:名鹿祥史)

<東京>渋谷HUMAXシネマにて23日まで期間限定上映(Part1:20、22日/Part2:19、21、23日)
<大阪>シネ・ヌーヴォX 7月9日~15日の1週間限定(毎日Part1&2上映)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 19日
  5. 元AKB48森川彩香、ガンプラで初主演映画勝ち取る