シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ジブリの大博覧会、開幕直前にまさかの値下げ!鈴木Pが謝罪

ジブリの大博覧会、開幕直前にまさかの値下げ!鈴木Pが謝罪
開幕直前にまさかの値下げ!

 スタジオジブリの設立から30年間の歩みを体感できる特別企画「ジブリの大博覧会 ~ナウシカから最新作『レッドタートル』まで~」(六本木ヒルズ展望台・東京シティビューにて7月7日から9月11日まで)の開幕を間近に控えた23日、急きょ入場料の値下げが行われることがわかった。すでに前売り券も発売されている中での変更に、ジブリの鈴木敏夫プロデューサーは「我が儘でごめんなさい」と謝罪した。

 「沢山のお客様に見てもらいたいと思っていた」という鈴木プロデューサーは、今回の急な変更に至った経緯について「入場料が2,300円だということがとても気になった。開幕直前のある日、ジブリのプロデューサー青木と話した。入場料を映画と同じにできないか。主催者や関係者には多大な迷惑を掛けたが、そのご理解を頂いた」と説明。「我が儘でごめんなさい」と直筆で書かれた謝罪文には、『コクリコ坂から』などの宮崎吾朗監督が描いた「1,800円だ!!」ともともとの入場料が高いと怒る鈴木プロデューサーの絵も添えられている。

 これにより入場料はそれぞれ、一般2,300円→1,800円、高校・大学生1,700円→1,200円、4歳~中学生1,100円→600円、シニア(65歳以上)2,000円→1,500円に。現在発売中の前売券に関しては23日発売分より新価格となり、すでに各種前売券を購入済みの人には、会場のチケットカウンターで当日入館券へ引き換える際に500円を返金するという。鈴木プロデューサーは「多くの人に見て頂きたい。その一心で、入場料を1,800円に! スタジオブリの汗と涙の30年間を、是非見てください」とジブリファンに呼び掛けている。

 『風の谷のナウシカ』から最新作『レッドタートル ある島の物語』(9月17日公開)まで数多くの名作を生み出してきたジブリの軌跡をたどる本博覧会では、これまでのジブリ作品のポスターやチラシといった広告宣伝物を中心に、制作資料、企画書など未公開資料を含む膨大な数の資料が展示される。(編集部・市川遥)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 23日
  5. ジブリの大博覧会、開幕直前にまさかの値下げ!鈴木Pが謝罪