シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

世界で最も興収を稼ぐ女優はスカーレット・ヨハンソン

世界で最も興収を稼ぐ女優はスカーレット・ヨハンソン
結果を出す女。 - スカーレット・ヨハンソン - Axelle / Bauer-Griffin / FilmMagic / Getty Images

 映画『アベンジャーズ』などのマーベル映画でブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフを演じているスカーレット・ヨハンソンが、世界最高の興行収入をあげた女優になったと Box Office Mojo が報じた。

 スカーレットは2010年に『アイアンマン2』、2012年に『アベンジャーズ』『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』、2015年に『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』、2016年に『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』などのヒット作に出演。今夏、日本でも公開される『ジャングル・ブック』ではヘビのカーの声も担当し、これまでに出演した映画全作品の総興行収入は33億ドル(約3,630億円)に上るとのこと。(1ドル110円計算)

 男優を含めたランキングでも10位に入っており、トップ10にはハリソン・フォード、サミュエル・L・ジャクソン、モーガン・フリーマン、トム・ハンクス、ロバート・ダウニー・Jrなど、名だたる俳優たちがそろっている。

 スカーレットに次いで興収をあげている女優は、キャメロン・ディアス、ヘレナ・ボナム=カーター、ケイト・ブランシェット、ジュリア・ロバーツ、エマ・ワトソンなどがいる。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 30日
  5. 世界で最も興収を稼ぐ女優はスカーレット・ヨハンソン