シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

神木隆之介、女性より女らしい?上白石萌音、性別を超えた演技に感服

神木隆之介、女性より女らしい?上白石萌音、性別を超えた演技に感服
入れ替わる男女を演じた上白石萌音と神木隆之介

 俳優の神木隆之介と女優の上白石萌音が7日、都内で行われたアニメーション映画『君の名は。』の完成披露試写会に浴衣姿で出席し、劇中で性を超越した演技を披露する神木に、上白石が羨望の眼差しを向けた。イベントには、長澤まさみ、市原悦子、谷花音、新海誠監督も登壇した。

 本作は、夢の中で入れ替わるという不思議な体験を通して惹かれあう、東京で暮らす男子高生・瀧(神木)と、山深い田舎町で暮らす女子高生・三葉(上白石)の恋と奇跡の物語。

002
そろって浴衣姿!(左から)市原悦子、谷花音、上白石萌音、神木隆之介、長澤まさみ、新海誠監督

 大ファンだという新海監督とのタッグについて「信じられないくらい嬉しい」と喜びを噛みしめる神木だが、瀧と三葉が入れ替わるシーンでは、「やり過ぎてもダメ出し、やらなさすぎても入れ替わったかわからないし、絶妙なバランスをとることが難しかったです」と苦労を告白する。

 一方の上白石は「声のお仕事だけでもハードルが高くて怖かったのに、そこに入れ替わりという、もう1個のハードルができて……」と不安だらけだった当時の胸中を明かしつつ、「神木さんが、入れ替わった時の三葉を、私が演じる時より何百倍もかわいくて完璧に演じるので焦りました」と苦笑い。新海監督からは「もう少しかわいく、女の子らしくお願いします」と何度もリクエストされたといい、「男女の垣根を越えて演じられるのが神木さんなんだなと思い、感動しました」と神木の手腕を羨んだ。

 また上白石は、事務所の先輩である長澤との共演にも、「一つの大きな目標だったので、叶うと知った時は嬉しかったです」と笑顔。反面、「もっと成長してから共演したいと思っていたので早過ぎる展開でした」とも話すが、長澤が優しく接してくれたため、一緒に臨んだアフレコは「幸せな時間」だったという。

 そんな中、独特なオーラをまとってたたずむ市原は、「本(脚本)を読んだ時から疎外感があったんです」と切り出すと、「若者の生態もピタッとこないし、私が演じた昔の信仰を守るおばあさん役もピタッとこないし、宙に浮いていたんですけど、とにかく若い人たちとやることが嬉しくてやらせていただきました」と述懐。また、主題歌を歌うロックバンドRADWIMPSについて、「よくわからない人ですけど」と断言して笑いを誘いつつ、「言葉がよくわかって良いムードで、映画全体がわかるような音楽が響いてきました」と称賛の言葉を送った。(取材/錦怜那)

映画『君の名は。』は8月26日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 7月
  4. 7日
  5. 神木隆之介、女性より女らしい?上白石萌音、性別を超えた演技に感服