シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

特撮ヒーロー&ヒロイン!竜星涼、内田理央、久保田悠来、青木玄徳が集結

特撮ヒーロー&ヒロイン!竜星涼、内田理央、久保田悠来、青木玄徳が集結
特撮ファンはわくわくが止まらないメンバー!

 竜星涼、内田理央、久保田悠来、青木玄徳という「仮面ライダー」「スーパー戦隊」シリーズで活躍したキャストたちが16日、六本木ヒルズアリーナで行われた映画『Bros.マックスマン』スペシャルトークショーに集結した。

 勉強も運動も苦手なアナウンサーが、謎の力で気弱なヒーロー、マックスマンに変身するさまを描いた『Mr.マックスマン』の続編となる本作。初代マックスマン・谷口正義(千葉雄大)には弟がいた、という導入部分から、主人公の弟・谷口英雄(竜星)が、兄の勤めるテレビ局でAD見習いをしながら、正義のヒーローへと変身する痛快ストーリーだ。内田、久保田、青木もそれぞれ番組制作に関わる役どころを演じる。

 今回、ブラザーマックスマンというヒーローにふんすることになった竜星は「すごくうれしいと言いますか……今までキョウリュウジャーというヒーローをやっていたので、また新しいヒーロー像を作れたんじゃないかなと思います」と自信をのぞかせる。

 映画完成以来、このキャスト陣がそろうのは初めてのこと。内田は「みんなと久しぶりに会ったので、不思議な気分です」と笑顔で切り出すと、「わたしは前作にも出させていただいたのですが、その時よりもアナウンサーとして昇格していたので、誇らしかったです」とコメント。すると久保田も「僕も前作に引き続き出演していて、出世街道を歩んでプロデューサーに。ゆくゆくは局長までいき、最終的にはフィクサー的な裏にまわろうかと思います」と冗談を交えて宣言。さらに青木が「ぼくはADからディレクターになりました」と付け加えるなど、それぞれに作品内での時間経過に思うところがあったようだ。

 そんなイベントも終盤となり、「前作に引き続き、続編ができてうれしいです。『Bros.マックスマン』は普段観ている特撮と違った部分があって。変身のシーンで愛の叫びがあったり、クサさを感じるシーンがあったりするので、竜星君のそういったところが見どころだと思います」と語った内田に対して、竜星は「そこが見どころなの?」と笑いながらも、「クサさももちろんですが、前作よりもパワーアップしたのが本作なので、ぜひとも新しいヒーローを観ていただけたらと思います」と会場に呼びかけた。(取材・文:壬生智裕)

『Bros.マックスマン』は10月開催予定の京都国際映画祭2016にて上映


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 8月
  4. 16日
  5. 特撮ヒーロー&ヒロイン!竜星涼、内田理央、久保田悠来、青木玄徳が集結